ECCの個別指導塾ベストワンは、ECCから生まれた小学生・中学生・高校生のための個別指導の学習塾です。

三ノ輪校アクセス

お問合せはこちら

お電話でのお問い合わせ

TEL:03-5824-0796

受付時間:14:00~20:00

お問合せはこちら

お電話でのお問い合わせ

TEL:03-5824-0796

受付時間:14:00~20:00

受講可能なコース

  • 小学校

    東泉小学校・金曽木小学校・金竜小学校・瑞光小学校・第二瑞光小学校・第六瑞光小学校・東浅草小学校 他、各私立小に対応

  • 中学校

    柏葉中学校・忍岡中学校・浅草中学校・上野中学校・桜橋中学校・御徒町台東中学校・駒形中学校・諏訪台中学校・荒川第一中学校・南千住第二中学校・上野学園中学校・白鴎高等学校附属中学校 他、各私立中に対応

  • 高 校

    各都立、私立高に対応

みんなの成功例

  • 【合格速報】英検4級(中2 S・Iくん)

    英検4級合格おめでとうございます!
    塾での通常授業の英語学習と、講習でも英検対策に向けて頑張った成果がでましたね!
    これからも次の目標に向けて頑張っていきましょう。

  • 【合格速報】英検準2級(高1 R・Tくん)

    英検準2級合格おめでとうございます!
    講習で集中して対策に取り組んだ成果が出ましたね!
    これからも次の級に向けて一緒に引き続き頑張っていきましょう。

  • 受験生への応援メッセージ(2021年度)

    【今年もベストワン三ノ輪校講師陣は受験生を応援しています!】

    いよいよ試験本番が近づいてきましたね!
    緊張していませんか?自分の今までの努力を思い出してください。自信を持って、自分とそして三ノ輪校の先生たちを信じて、ベストを尽くしてきてくださいね^^

    先生たちからのメッセージを受け取ってください!一緒に志望校に合格しよう!

  • 合格おめでとうございます!

    【大学】
    青山学院大学経済学部
    東洋大学国際学部
    日本大学国際学部、芸術学部
    学習院女子大学
    目白大学

    【高校】
    都立国際高校
    都立江北高校
    都立小岩高校
    都立足立高校
    都立桜町高校
    都立日本橋高校
    豊島学院高校
    東京成徳高校
    桜丘高校
    東洋大学京北高校
    関東第一高校
    岩倉高校
    東亜学園高校
    中央学院大学中央高校

    以上、おめでとうございます!!

  • 受験生へ!!!(先生たちからの応援 メッセージ)

    ということで、
    教室に先生たちからの受験生へ向けた応援メッセージが
    貼りだされました!

    流行りに乗っかって、、非常に安易ではありますが(笑)

    先生たちの想いを、ぜひ受け取ってください!!

    心を燃やして、、、志望校、合格しよう!!!

  • 定期テストイベント(2学期第2弾! 中島先生からの挑戦状)

    11月は定期テストイベント第2弾!
    「中島先生からの挑戦状」

    中学生対象で、テスト対策期間に、
    配布された英数テスト範囲の課題冊子を自習で解く!
    先生から終了印をもらって、全部の課題をクリアすると、
    年末の三ノ輪校オリジナル宝くじをゲットできます!

    今年の年末は、宝くじイベントです!
    自習で頑張ったり、テストで大幅アップした生徒に宝くじを随時配りますので、豪華景品が当たるチャンスがどんどん増えていきます!
    詳細は後日発表しますので、皆さんお楽しみに!!

  • 定期テストイベント(自習スタンプラリー ハンキング!!)

    2学期が始まり、
    今年はコロナの影響でテスト日程が例年と異なります。
    9月入ってからすぐに定期テストがありますので、
    しっかり気合いを入れて臨みましょう!

    そしてまたもや定期テストイベント発動!!
    題して自習スタンプラリー「ハンキング!!」(笑)

    ムシキングと掛けているんでしょうが、、、
    若干ジェネレーションギャップで意外と中学生知らない人が多い(^_^;)
    まあいいでしょう!!笑
    とりあえず、スタンプラリーで課題をクリアして進め!!
    道中でお菓子もらえるポイント地点がありますので、お楽しみに!

  • 夏休み企画(第二段! ビンゴゲーム!!)

    W企画のもう1つは、ビンゴゲーム!!
    毎日塾で番号を掲示して、来るたびに穴をあけていくという
    単純明快な運任せのゲーム!笑

    しかし誰にも平等に当たる確率が訪れます。
    夏の終わりにダブルビンゴ、トリプルビンゴの人には豪華景品をプレゼントすることになりました!!
    塾に来るのも楽しくなってほしいなってことらしいです(^_^)v

  • 夏休み企画(第一弾! 日本一周旅行)

    今年の夏は、旅行もなかなか行けないかもしれません。
    そんな生徒さんたちに、我が三ノ輪校スタッフが考案した、
    夏休み特別企画!!
    ご当地クイズに答えて、すごろく日本一周旅行!!

    地図も本格的に用意して、
    自分のマグネットで進めていくリアルな感じがすごい、、、
    そしてご当地のお菓子、どこでこんなに集めてきたのか、、
    スタッフの行動力が半端ないです。。笑

  • 夏休みイベントW企画!(楽しく学ぶを実践中!!)

    今年の夏休みはW企画!!
    こんな社会状況だからこそ、
    楽しく勉強をしてもらいたい!!
    そんな先生たちの願いを三ノ輪校ではどんどん動きます!

    ほんとに、ここまで考えて取り組んでくれる講師スタッフたち、、
    いませんよ普通、自慢です。

  • 12月MVP発表!(中学3年生 三木 麻理埜さん)

    「吉川先生(数学担当)からのメッセージ」
    冬期講習では、たくさん授業がある中でも毎回集中して取り組んでくれました。
    それだけでなく、毎日毎日塾で自習をしていましたね!本当に1日中、塾にいるように感じましたよ。
    その成果をしっかり出して、受験まで残りの期間は短いですが、最後まで気を引き締めて走り抜け、
    合格を勝ち取りましょう!!

    月間優秀賞
    中3 吉川 真叶くん
    中2 細川 華斗くん
    おめでとうございます!!

  • 11月MVP発表!(高校1年生 倉内 穂乃花さん)

    高1 倉内 穂乃花さん
    「中島先生(数学担当)からメッセージ」
    前回の定期テストから20点以上アップしました!高校1年生のこの時期の数学は、
    内容も急に難しくなり、計算ミスも起こりやすく、多くの生徒が点数を下げるものです。
    その中でこの上げ幅は驚異的です、すばらしい!科目も全体的にバランスよく取れる安定感も出てきました。
    全科目90点を目指しましょう!

    月間優秀賞
    中3 梅村 心さん
    中2 小川 真歩さん

  • 10月MVP発表!(深川高校2年生 長谷川 大稀くん)

    「岡崎先生(英語担当)からのメッセージ」
    英検準2級に続き、2級も一発合格!さすがの一言です。
    また、中間テスト勉強も毎日のように塾に来て自習をしてくれて英語はクラストップという好成績。
    習慣づけが最も大切であると理解してくれたようで、非常に嬉しい限りです。
    センスはあらゆる先生が認める一級品ですので、あとは継続した努力あるのみ!期待が高まります。

    優秀賞
    中3 鈴木 直斗くん
    中1 嶌川 凌空くん
    おめでとうございます!!

  • 9月MVP発表!!(諏訪台中学校2年 瀧 はるかさん)

    「馬場先生(英語担当)からのメッセージ」
    中間テストでの大幅な点数アップ、おめでとうございます!
    目標点よりもさらに高い点数を取ることができて、大きな自信になったと思います。
    夏休みから自習に来る回数も増えて、上げたいという強い思いが伝わってきました。
    期末テストまで短い日数ですが、この勢いで自己ベストを更新しましょう!

    月間優秀賞
    中1 大井 一華さん
    中3 矢口 泰平くん
    おめでとうございます!!

  • 8月MVP発表!(御徒町台東中学3年 坂梨 ななみさん)

    「三木先生(数学担当)からのメッセージ」
    ななみさんは1度間違えたものはもう間違えないという意識が非常に高いと感じています。
    宿題でもわからない問題は必ず全部聞いて赤ペンでメモをしてくれるほどの姿勢は素晴らしいです。
    ぜひ続けてくださいね!夏休みも部活との両立で大変だったと思いますが、よく頑張ってくれました。
    秋のテストで絶対にその成果を出しましょう!期待しています!!

    月間優秀賞
    中3 成田 勇輝くん
    中3 矢口 泰平くん
    おめでとうございます!!

  • 7月MVP発表!(忍岡中学2年 細川 華斗くん)

    7月MVP
    「中村先生(英語担当)からメッセージ」
    7月に入ってから単語テストでも満点が増えて、本人のやる気も上がっていることがわかります。
    間違えた問題もそのままにせず、すぐにどこが悪かったのかを考え次に繋げる姿勢が素晴らしいです!
    とても頑張っていて、今後の大きな成長が見込める生徒です。期待しています!

    他2名の生徒さんも受賞!!
    月間優秀賞
    中3 矢口 泰平くん
    中2 白木 敬也くん
    おめでとうございます!!

  • 6月MVP発表!(諏訪台中学2年 清水 智央さん)

    6月MVP
    中2 清水 智央さん
    吉川先生(数学担当)からのメッセージ
    期末テストでは大きな飛躍、おめでとうございます!テスト対策では追加で数学を集中的に受講して、
    見事90点越えを達成してくれました!!テスト期間中もとても意欲的に勉強に取り組んでいたと感じました。
    2年生になって中だるみどころか,効率よく学習できる習慣が身についてきたと思います。
    この調子で高得点を安定させ、受験生になる前に弾みをつけましょう!

    他2名の生徒さんも受賞!!
    優秀賞
    小5 土屋 文人くん
    中3 山崎 稚奈さんおめでとうございます!

  • 5月MVP発表!(御徒町台東中・3年 梅村 心さん)

    「櫻木先生(理科担当)からメッセージ」
    4月から塾に通ってくれていますが、早くも中間テストで大幅なアップを見せてくれました!
    心さんは、宿題も忘れず、授業中も疑問に思ったことはすぐに質問してくれます。最近は自習にも積極的に来て頑張っていますね。
    そのような姿勢が今回の結果に結びついたのだと思います!期末もすぐですが、他の科目も含めてさらに大きな飛躍を期待しています!!

    月間優秀賞
    中3 深澤 豪亮くん
    中3 西海 香さん

  • 4月MVP発表!(中学3年生 西海香さん)

    「馬場先生(英語担当)からのメッセージ」
    他科目の先生からも最近の香さんの頑張りをよく聞いています。
    宿題や単語テストなど出された課題に毎回しっかり取り組んでくれていますね!
    小さな積み重ねが実践的な力に繋がっていきます。後々の大きな飛躍のための布石となっているはずです!
    受験生になりましたが、自覚を持って今以上に一生懸命取り組んでくれることを期待しています!

    月間優秀賞
    高3 岸本 紗侑里さん
    中2 小川 真歩さん
    おめでとうございます!

  • 3月MVP発表!(新中学2年生 千田秀美さん)

    「会田先生(英語講師)からのメッセージ」
    英語の学習はどの教科よりも以前の単元習得が必要になります。
    秀美さんはその点において非常に優秀です。
    その結果が定期テストに反映されていますね。
    年間で5回あるテストの平均点が90点を上回るという素晴らしい結果です!
    先生も生徒時代に出来なかったです(笑)。2年生になったこれからも磨きをかけていきましょう!
     

    月間優秀賞 2名
    新中3 鈴木 直斗くん
    新中3 佐藤 大起くん
    おめでとうございます!

  • 2月MVP発表!(中学2年生 松永 諒くん)

    「鳥海先生(国語講師)からのメッセージ」
    学年末テストでの大幅点数アップ、おめでとうございます!
    心配していた文法や漢字もとても良くできていました!
    テスト前は自習によく来て質問も積極的にしていて素晴らしいです!
    いよいよ受験生ですが、3年生に弾みをつける結果になりましたね!
    この調子で頑張りましょう!3年生1学期テストも期待しています。 

    月間優秀賞 2名
    中2 藤川 純くん
    中2 吉川 真叶くん
    おめでとうございます!

  • 大学入試結果速報(今年度合格大学 三ノ輪校のみの結果です!)

    青山学院大学
    法政大学
    日本大学
    東洋大学
    國學院大学

    その他も集計終了次第お知らせ致します!
    上記以外も合格多数出ています!

  • 1月MVP発表!(小学4年生 西海 香音さん)

     「会田先生(国語算数担当)からメッセージ」
     時間を意識するためにタイマーを使いながら授業を進めていますが、それによって以前と比べてスピードを考えて問題に取り組めるようになりました!!
     塾内模試でも国語の漢字や算数の計算問題でミスが少なくなってきました。あとは、応用問題だけです!このまま成長し続けましょう!

    月間優秀賞 おめでとうございます!
    ・高1 魚谷 なずなさん
    ・高2 塩入 史也くん

  • 12月MVP発表!(中学2年生 鈴木直斗くん)

    「三木先生(数学担当)から」
    受賞おめでとうございます!直斗くんはテキストの進みがとても速く、この冬で2年生の単元をすべて終わらせてしまいました!
    これからじっくり復習をして定着を図ります。どんな時でも手を抜かず、多い宿題の時も忘れたことは1度もありません。
    次回の定期テストへの期待も高まるばかりです!これからも一緒に頑張っていきましょう!!

    月間優秀賞2名 おめでとうございます!
    ・高2江口 勇斗くん
    ・中3田代 明里さん
    その他、各先生の「12月の推しメン」が教室内に掲示されています!ご覧ください

  • 11月MVP発表!(中学3年生 隅田翔樹くん)

    「干場先生(英語担当)から」
    入試前の最後の定期テストで過去最高の成績を残してくれました。今までの努力が実った結果だと思います!
    入試の過去問など難しい問題に取り組んで、苦しい時もあるかと思いますが、自分の力を信じて自信を持って受験に臨んでほしいと思います。
    本当によく頑張りました!

    月間優秀賞2名 おめでとうございます!
    ・中2松永諒くん ・中1松川涼香さん
    その他、各先生の「11月の推しメン」が教室内に掲示されています!ご覧ください!

  • 10月MVP発表!(中学2年生 飯島百合子さん)

    担当講師よりメッセージ

    おめでとうございます!1学期の期末テストで悔しい思いをして、
    2学期の中間テストで絶対に挽回しようと約束して夏期講習から一緒に頑張ってきました。毎回の授業で英語以外の国社理の宿題指示も出して、かなりの量でしたが、忘れてくることは1度もありませんでした!百合子さんの努力が実って中間テストでは全ての科目で点数UP(数学は100点!)&学年1位!!本当によく頑張りました!期末テストでは英語も100点期待しちゃいます(笑)
    英語講師 山田 春花

  • 大学受験合格!(三田高校3年 S・Bさん)

    法政大学法学部合格!!
    成蹊大学や日本大学も合格しました!
    おめでとうございます!
    大人びたしっかり者で、内に秘めた闘志を持っています。
    大学でも活躍を期待しています!!

  • 高校受験合格!(忍岡中学校3年 K・Hさん)

    都立墨田川高校合格!!
    おめでとうございます!
    センスあふれる女の子で、入塾時に苦手だった英語が
    みるみるできるようになっていきましたね!
    最後は数学の方がピンチでしたが・・・直前の追い上げで、
    本当に良く頑張りました!

  • 高校受験合格!(桜橋中学校・中3 D・Hくん)

    都立深川高校合格!!
    おめでとうございます!
    数字的には少し難しいと思われましたが、最後の最後まで
    諦めずに頑張っていました!報われましたね!
    普段はポーカーフェイスですが、地道な努力を重ねた結果です!

  • 中間テスト速報!(桜橋中・3年 D・Hくん)

    理科でなんと29点アップ!
    この大事なテストでとうとうやってくれました!
    ちなみに社会も21点アップしました!
    理社はテスト前の集中的学習が反映します!
    自分の中で変わったものがあったのでしょう。よく頑張りましたね。

  • 中間テスト速報!(桜橋中・2年 S・Dくん)

    数学で21点アップ!!
    おめでとうございます!
    英語と数学が安定してきましたので、
    国社理も英数に追いつくように頑張りましょう!!

  • 中間テスト速報!(柏葉中・1年 K・Mくん)

    理科で21点アップしました!
    おめでとう!!
    今まで平均点くらいでしたが、これをきっかけに自信を持って、
    勉強に取り組んでほしいと思います!

  • 中間テスト速報!(柏葉中・3年 T・Kさん)

    社会で見事28点アップを達成しました!
    大事な3年2学期の定期テスト・・期末テストも期待しています!

  • 中間テスト速報!(桜橋中・2年 S・Dくん)

    英語で前回より22点アップ!!
    おめでとうございます!
    まだ上昇できる余地はありますから、さらに高い点数を望みましょう。

  • 祝!合格!(荒川一中・中3 S・Kくん)

    高校受験
    都立 小松川高校に合格!
    さすがという一言です!
    実力も努力に反映してレベルアップしていきました!
    難関高校に受かったのも納得です。
    真面目にコツコツと・・中1のときからから定期テストも
    ぬかりなくやってきた結果ですね。
    高校での飛躍も期待しています!

  • 祝!合格!(柏葉中・中3 K・Mくん)

    高校受験
    都立 竹台高校に合格!
    正直中3の1学期まではあまりエンジンがかかりませんでしたが、
    夏以降の意識改革は先生たちにも伝わりました!
    最後は安全圏にまで伸ばし、見事合格!おめでとう!

  • 祝!合格!(御徒町台東中・中3 K・Aくん)

    高校受験
    都立北園高校 に合格!

    塾で集中して自習する姿は忘れられません。
    やはり報われるものですね!本当によく頑張りました!
    おめでとう!

  • 祝!合格!(目白研心高校・高3 Y・Hくん)

    大学受験
    立教大学法学部
    日本大学経済学部
    東京理科大学経営学部
    合格おめでとうございます!
    国公立受験も間近、絶対受かりましょう!

  • 祝!合格!(上野学園高校・高3 Y・Sくん)

    大学受験
    法政大学現代ビジネス学部
    日本大学経済学部・商学部
    東洋大学経済学部経営学部
    国士舘大学政経学部
    成城大学経済学部
    合格おめでとうございます!
    やってくれました!見事受験全勝!
    さすがの一言です!

  • 祝!合格!(墨田川高校・高3 K・Mさん)

    大学受験
    駒澤大学文学部
    合格おめでとうございます!
    本当に真面目な生徒で、先生の指示にしっかり従って頑張ってくれました!

  • 祝!合格!(本所高校・高3 R・Uくん)

    大学受験
    国士舘大学 経営学部
    東洋学園大学 現代経営学部
    合格おめでとうございます!
    センスが光るRくん、大学でも活躍を期待しています!

  • 祝!合格!(東高校・高3 Y・Mさん)

    大学受験
    東洋大学文学部
    武蔵野大学文学部
    合格おめでとうございます!
    最後まであきらめずに塾で自習していた姿、報われるはずです!

  • 祝!合格!(私立高校受験)

    高校受験
    私立高校速報!
    駒場学園高校(A・Yさん)
    駒込高校(K・Aくん)
    文京学院女子高校(M・Kさん)
    上野学園高校(S・Tくん)
    京華商業高校(S・Nくん)
    岩倉高校(M・Tさん)
    淑徳巣鴨高校(Y・Kくん、S・Kくん)
    私立単願の生徒の皆さん、本当におめでとうございます!
    公立第一志望の生徒の皆さん、この勢いで絶対第一志望に合格しましょうね!
    みんなよく頑張りました!

  • 祝!合格!(東泉小・小6 M・Oさん)

    中学受験
    私立跡見女子中学校合格!
    おめでとうございます!

  • 祝!合格!(第三日暮里小・小6 M・Mさん)

    中学受験
    私立国士舘中学校合格!
    おめでとうございます!しかも学業特待!すばらしい!

  • 祝!合格!(東泉小・小6 A・Kさん)

    中学受験
    私立滝野川女子中学校合格!
    おめでとうございます!

  • 祝!合格!(東泉小・小6 Y・Iさん)

    中学受験
    私立埼玉栄中学校合格!
    おめでとうございます!難関大コースに見事合格しました!

合格体験談を見る

新着情報

  • Minowa’s column to July in 2022
    ベストワン三ノ輪校

    ◎ 正しい努力を…。

    7月8月は、受験生にとって非常に重要な2 ヶ月です。受験業界では天王山とまで言われているこの2 か月、なぜ重要なのか、丁寧に説明したいと思います。もちろん高校受験と大学受験でその重要の性質は多少違いますが、大きな意味では「逆算」という視点でどちらも理解できます。

    まず、入試直前というのはそれぞれの過去問に集中するべき期間で、自分の不得意科目を克服したり、1つの科目だけに特化集中した勉強はあまりできません。さらに冬は難易度の高い応用問題に取り組む必要があり、これは出題頻度として実は高くありません。そもそも難易度の高い問題は試験の中でも1問2問くらいで、どの単元の問題が出るかは年によって違いますので、出ない確率の方が高いわけです。しかし、基礎を確立した人たちが試験を受けるので、基礎問題はほとんど落としません。

    そこで差がつくのは難易度の高い応用問題です。確率が低いと言っても手をつけないわけにはいかないので、塾などではその難易度の高い応用問題を扱っていきます。解説を読んでもわからないような問題もあるので先生に直接教わった方が効率良く進められます。

    中3の受験生は、2 学期には学校の定期テストがあり内申点のためにそこに集中するだけでなく、毎月のV もぎで実力養成をチェックしていきます。かなり忙しく追われる日々となるでしょう。高3の受験生は、そもそもやらなければならない過去問の量が多く、国私大の過去問だけでなく、共通テストの過去問も10 年分くらいは解かなければいけません。10 月くらいには過去問を始めなければ間に合いません。

    つまり、2学期に入るとそれぞれやることが決まっていて、基礎的な復習をじっくりやる時間がないのです。それではいつやるのか?懐かしいフレーズが頭をよぎりますが(笑)、7 月8 月の2 ヶ月です。この2 ヶ月は、1、2 年の復習を丁寧にやっていきながら、苦手科目を引き上げるような科目バランスで学習します。簡単に言いましたが、2 年間以上の期間の総まとめを2 ヶ月でやろうというわけですから、それはそれはハードな話です。

    この夏で、必要科目すべての基礎を身につけておかなければ、前述した秋以降のスケジュールがすべて圧迫されて後ろ倒しになり、挙句の果てには過去問にあまり触れられずに入試を迎えることにもなりかねません。逆にこの夏でそれを成し遂げられたならば、2 学期以降は受験生全員が決まったことをやるだけですから、実はそこまで苦しくも感じないかもしれません。

    7 月8 月の2 か月間は、それぞれ抜けているところも異なるので、個々によってやるべき内容が大きく変わってきます。面談などではよくお話ししていますが、『正しい努力』をしなければなりません。がむしゃらにやってほしいわけではなく、方向性や科目バランスを間違えないように、自分に合ったスケジュールを組むことです。これは学習することよりも価値があるかもしれません。しかし、ないがしろにしてしまいがちです。期末テストが終わった人は、半日または1 日使っても構いませんので、この夏のスケジュールを本気で考えてください。私や担当の先生に見せてくれれば過不足などのアドバイスをさせていただきます。

    ですが、最初は自分で作ることが重要です。自分の中で得手不得手の感覚があると思います。そこに大切なヒントがあります。実際にスケジュールを作ることは難しいとは思いますが、この計画表作成のための「本気の思考」が、受験で勝つために最も重要な要素であることをお伝えしておきます。

    この2 か月を踏ん張って、合格曲線の軌道に乗って、悔いのない受験をしてほしいと思います。

    岡崎 吉博

  • Minowa’s column to June in 2022
     ベストワン三ノ輪校

    ◎ 占いを信じますか?

    私は食事において優柔不断の人間です。レストランでメニューを見てもどれを選んでよいのかわかりません(笑)。しかしなんでも優柔不断ではなく仕事などにおいては全くの真逆だと思っています、自分では(^^ゞ。根拠が明確であったり、優先順位をつけられるものは判断ができるからです。ですが、レストランのメニューは優先順位の根拠がありません。だいたい、食べたら美味しいです。わかっています、どうでも良い話題ですが、話を続けます。

    そこで、なぜそうなのか、他の人はなぜそんなに選べるのかを考えてみたところ、これを食べたいという食欲の感性を持っているからだ
    と思いました。もちろん私も食欲自体はありますが、これを食べたい気分というものは日々の生活において特にないような気がします。強いて言うなら美味しいものを食べたい、くらいです。

    なので、お店で注文したものと全く違う料理が出てきても怒ることもなければ気にもせず、間違えたのかもしれないけれどもせっかく作ってくれたし全然食べます、という感じです。そしてきっと美味しくいただくことでしょう(笑)。

    よく言えば寛大な人、悪く言えば無味乾燥な人、でしょうか。何か人間としての欠陥があるのではないかと思ったこれを読んでいる方には、断固として否定したいところですが、残念ながら本当にそうです。

    そんな人間なので、何を食べたい?と聞かれるのは本当にしんどく、ですがこの状況における『なんでもいい』は一般世間においてご法度なのは理解しているつもりなので、適当に言います。でも、それは食べたいものという意味では、ウソをついています。いや、食べたい気持ちは本当ですが、優先順位のない適当な選択です。偽証罪を背負う気持ちです。相手の人が、ものすごくわがままに日々これを食べたいという欲を前面に出してくれる方が私としてはありがたく、こういうのをきっと相性が良いと言うのでしょうか。

    根拠のないものから何かを生み出す、これはまさにアーティストなのだと思いました。音楽を作る、絵を描く、そういう0→1ができる才能が私にはないような気がします。1→10は結構得意です(*^_^*)。根拠のないところから良い悪いと感じる感性は多種多様で、わかりやすく言えばイケメン俳優の好き嫌いも絶対的な価値基準があるわけでもなく、人によって様々ですよね。また、私は血液型や星座の占いなどに、どうしてもあまり興味が湧きません。大好きな人、ごめんなさい。もっと言えば幽霊ですらもどうしても信じることができないのです。ですからホラー映画も特に怖くなかったりします(グロイものや驚き演出系の怖さはありますが)。

    しかしその信じる価値観をバカにするつもりも否定するつもりも全くなく、そういう人もいて、私のような人間もいる、ということです。だんだん自分を卑下する文章になってまいりました。終始しょうもない話になってしまいましたが、たとえロボットと言われようと人間味がないと言われようと、感性については仕方ありません。

    私の持論として、子育てや部下・後輩を育てるとき、つまり人を育てるときに注意しなければならないのは、「行動や言動」と「感性」をしっかり線引きすることです。行動や言動については否定し指導はしても、感性において否定してはいけません。行動や言動は自分自身から外に出たものであって、自分自身を否定されているとは捉えにくく、感性は否定されると人格を否定されていると感じてしまい、自己肯定感の喪失や反発を生みます。先生としての経験から学んだことです。

    ということで、私の優柔不断を強引に正当化できたところで今回は終わらせます…。

    岡崎 吉博

  • Minowa’s column to May in 2022
     ベストワン三ノ輪校

    ◎ 人生のピークはどこか・・。

    長引くロシア・ウクライナの戦争が、日々の自らの生活に大きく影響しないがゆえに、当たり前の感覚に吸い込まれていってしまいそうなのを必死に抑えています。人間は慣れという能力が備わっていますので、最初にニュースで知った時の感覚と同じ感覚であるわけはないのですが、変わらず、今も多くの犠牲者が出ていて、私たちが想像し得ないような緊張感の中で生活を送っている人たちがいるということを忘れないようにしたいものです。

    話は変わりますが、4月10日、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が完全試合を成し遂げました。完全試合は巨人槙原投手以来の28年ぶり、かつ史上最年少で13者連続三振という金字塔を打ち立てました。最速で164キロを投げ、1試合でも19奪三振と日本記録タイ。27個のアウトを取る中でとんでもない数字です。

    これを見た時に、最初に思い出したのが、彼が高校3年生の時の夏の岩手県大会です。当時から令和の怪物と呼ばれていた佐々木投手は、東日本大地震で父と祖父母を亡くしました。元々住んでいた陸前高田市から大船渡市に移住し、大船渡高校に通っていました。

    準決勝を投げ終えて、決勝は強豪花巻東高校、大谷翔平選手の母校です。大船渡高校の国保監督が「3年間で一番壊れてしまうリスクを感じた。」と佐々木投手の歩く姿などを見て総合的に判断して決勝を投げさせませんでした。佐々木投手が投げずに決勝では大敗してしまい、甲子園には行けませんでした。

    当時は賛否両論あり、学校には250件ものクレームが来たそうです。今思えば、この監督のおかげで今回の偉業が成されたのだと思います。大事に大事に育ててくれたおかげです。才能溢れる若者を育てるということを勝利よりも第一優先に考えて若者の指導にあたっていたこと、他のスポーツにおいてもこの例は非常に示唆の富んだ事例になったと言えるでしょう。教育の本質として、その分野におけるその子のピークを見据えることは本当に大切なことです。

    教育というものは目先の利益損得ではなく、長期的に見たその子の成長を天秤にかけることが大切です。子育ても同じです。今後長い人生において叱ることの効力はどれくらいなのか、今できないことからすぐにできることを求めることが果たしてその子の長期的な成長になるのだろうか、無理を要求していないだろうか、そんな視点を持つべきで、その視点は教育する側のストレス軽減にも繋がります。

    社会の企業組織においても同様ですが、人材育成は適材適所と相反することが多々あります。最も得意な人間にやらせることと、苦手だから成長させるためにやらせることを判断をする者は常に天秤で検討しなければなりません。いつも得意な人間にやらせていると、苦手な人間は経験できずに成長を望めませんし、成長のためだけに苦手な人間にばかりやらせると当然クオリティが落ちサービスパフォーマンスは低下し事業は上手くいかないでしょう。どちらに偏っても組織は強くなりません。

    この天秤は組織における人材育成の重要な思考だと思っています。夢を追いかける子どもたちに対して、目指す勝利と長期的に見た成長とをしっかり考えながら指導者は立ち回る必要があります。家庭においても、学校においても、スポーツのコミュニティにおいても、そして企業の部署やチームにおいても、そのような意味で指導者が優れていることが最重要で、政治行政および自治体は、指導者を育てる仕組みを構築することに全力を注ぐべきです。

    佐々木投手のように多くの人に感動を与えられる若者を大人たちが大事に育てていくことは、大震災やコロナによって、世界経済においても弱った日本を復活させる…最大の要因となるはずです。

    岡崎

  • Minowa’s column to April in 2022
     ベストワン三ノ輪校

    ◎ 人間関係の自然性・・。

    新しい学校、新しい学年、新しい友だち、環境が大きく変わる4月です。仕事でも新入社員などが入ってきて、会社に新しい風が吹きます。本来であれば、4月に集中させることなく、年間通してそのような新しい環境になるような組織が素晴らしいとは思っていますが、それでも桜の季節に晴れやかな気持ちで多くの人が門出を迎えるのも悪くないなと思ったりしています。

    その直前には、別れもあります。新しい環境ということは、これまでの環境から離れるということです。卒業式を迎えた3年生などにとっては、クラスメートとの別れはやはりさびしいものです。

    私もこれまでたくさんの卒業生を送り出し、講師スタッフも卒業して新たな職場に移ったりと数多く経験してきました。そのたびに、この人間関係はいつまで続くのか、離れても繋がっていられるものなのかとすがりたくなるような気持ちになって、不安にもなりました。

    ですが、たくさんそのようなことを経験してきたからこそ、わかってきたことがあります。こういう人間関係は、ある意味とても自然的なもので、離れても関係が続くこともあれば、一切連絡を取ることもなくなってほぼ縁がない状態になることもあります。

    ものすごくドライに聞こえるかもしれませんが、勝手にそうなっていきます。逆に繋ぎ留めないと、と無理して頑張ることが不自然なことです。それぞれに与えられた時間は有限で、1人で無限の人数相手に親交を深めることなどできません。そこで無理に繋がりを維持することによって時間が削減され、もしかしたら新しい出会いや親交を遮断している可能性もあります。

    運や巡り合わせも大きく関係してきますが、これから出会うであろう新しい仲間との時間を捻出するためにこれまでの環境を離れるという意識で良いのです。そして、自然に身を任せておけば良いのです。これまでの恩や楽しい思い出が消えるわけではありません。それも含めて、自然に残るものは残っていきます。一番仲良かった友だちと離れてしまっても、もっと仲良くなれる友だちとの出会いのためです。未知のものに対しては人間は不安を感じるものですが、それと同等に、ワクワクやドキドキも感じることができます。

    これから様々なコミュニティを作りながら生きていくわけですから、不安よりもワクワクドキドキを感じられるような感性を持っていた方が幸せに決まっています。人間関係の断捨離、などと言うと、冷たい人間に思われそうですが(笑)、あえて捨てる必要もなければ、あえて維持しようとすることもしなくてよい、そんな自然現象と捉えることが生きていく上でストレスなく前に進める秘訣なんだと実感しています。

    どんな関係であっても、その瞬間はその関係がないと自分は生きていけないと感じたとしても、きっとほとんどのことがそうではないと断言できます。私は、小さいころから今に至るまでに感じてきた人間関係の悩みや不安において、今もなおそれを引きずったり解決していないことなど何一つありません。必ず、その悩みや不安はなくなります。それを最短で実行してくれる要素が、新しい環境であり、新しい仲間です。

    現在の自分の人間関係において、無理して関係を維持していることはありませんか?世の中にはもっともっとたくさんの人間がいて、自分と相性の良い人間がいて、ワクワクドキドキを与えてくれる人たちが待っています。そんな前向きな気持ちで、人生を楽しみましょう。1度きりの人生をどう幸せに生きるのか、他人の時間を生きることなく、自分の時間を生きてみましょう。

    やりたいことを楽しい仲間と思いっきりやって、より離れる人とより近づく人がいて、それでも自然に身を任せて、チャレンジして達成感を味わうことを目標に、新しい環境で羽ばたいてほしいと思います。

    岡崎

  • Minowa’s column to March in 2022    
     ベストワン三ノ輪校

    ◎ 世界平和の分岐点・・。

    ほぼ全ての入試が終わり、まだ合否は出ていないところもありますが、とにかく受験生の皆さん、お疲れ様でした。昨年に引き続きコロナ禍で色々大変な状況ではありましたが、本当によく頑張ってくれました。最善を尽くしたでしょうからあとは吉報を待ち、あらゆる結果を前向きに捉えて新たなスタートに向けてまた成長し続けてほしいと思います。

    特に中3生は、大学受験についてある程度予測する力を身につけて、英語を早期確立することを心がけてください。高3になってからの受験勉強という時代は終わりました。高1高2で英検などの外部試験を受けて結果を残して、他の科目を高3で高めるという形が新しい大学受験の形です。なので、終わったばかりで心苦しいところはありますが、ぜひそのことだけは心に留めておいて、英語、つまり英検対策は続けていきましょう。

    現在高1高2で塾に通ってる生徒たちの多くは定期テスト対策ももちろんありますが、英検対策をするために通ってくれています。なんとしても高1から高2で英語力を高める努力をしてください。学校の定期テストだけで終わるのではなく、長期的な視点において英検を見据えた単語・文法のレベルアップが、新しい大学受験には必要不可欠なのです。

    ECCベストワン三ノ輪校は英検準会場に登録していますので、次の6月の試験も三ノ輪校で受検することができます。4月1日より申し込みが開始されますので、お早めにお申し込みください。座席数の関係で、おそらく各級ともに数日で定員に達すると思われますのでご注意ください。英検の申込用紙は教室にございます。何かご不明な点などありましたらいつでもLINEなどでお問い合わせください。


    ウクライナ情勢が緊迫している中で、日本での報道は、『戦争が始まった』、そんな感じです。もちろんまさにそうなのですが、これがいったいどういうことなのか、何が起こっているのか、有識者以外の一般人にはあまりわかっていない人が多いと感じています。ニュースというものは一般人に対して報道するわけですからもう少し経緯や背景をわかりやすく報道してほしいと思っています。私自身も専門家ではありませんので詳細をすべて把握しているわけではありませんが、その一般人の視点において子どもたちに説明することを意識しながら日々ニュースなどを見たり調べたりしています。

    ロシアは元々ソ連でした。ソ連が崩壊した後、ロシアそしてその周りに独立した国々ができました。ウクライナもその1つです。2014年にウクライナの南に位置するクリミア半島をロシアが占拠して報道にもなりましたが、ここも関係しています。簡単に言うと、ウクライナにはロシア側の人々と欧州側の人々と半分ずついて、その対立がウクライナ国内で紛争となっています。ウクライナ政権は欧州側でNATO(北大西洋条約機構)に加盟したいと思っていたものの、NATOというのはあくまでも欧州圏でありアメリカとも協力体制を敷いています。加盟すればウクライナは欧州の一部になるのと同じことです。

    しかしロシアとすればそれはウクライナがアメリカ側につくのと同じで、なんとしてもウクライナのNATO加盟は阻止したいわけです。ロシアのすぐ南にあるウクライナがNATOに加盟すれば、敵対するアメリカがすぐ喉元にいるのと同じです。だからクリミア半島を占拠してロシアの統治下にあることを維持したいということです。

    今回、ウクライナに侵攻すれば、アメリカや欧州が非難し武力衝突もあり得る、実際にロシアの侵攻も始まっています。日本での報道を見る限りでは、単純にロシアがウクライナを攻めようとしている、それをアメリカと欧州が止めようとしている。これは、どう考えても一般人からしてみればロシア何やってるんだとなります。経済の側面など様々な背景はありますが、ニュースだけを見る一般人にとってはそう見えるだけでしょう。

    ここで、ロシア側の立場に立って、今のロシアの行動がどんな正当性があるのか考えてみたいと思います。ソ連が崩壊したものの、ウクライナには多くのロシア人が住んでいて、ロシアの人々からすれば「奪われた領土」なのかもしれません。その奪われた領土がアメリカや欧州の傘下に入ることは決して許されないと感じるのは当然です。

    例えば、日本でも北方領土は日本の領土だという前提ですから、それが他の国や地域に統治されるとなれば猛反発が起きるでしょう。ロシア国民としても同じ感覚なのかもしれません。ウクライナは元々ロシアと同じでそれを奪われた、取り戻す必要があると。そう考えると必ずしも完全にロシアが悪でアメリカと欧州が正義とは言えなくなってきます。

    武力を行使したロシアを決して擁護するつもりはありません、むしろ個人的にはやはりロシアの強行は正義とは離れていると思っています。が、双方の立場になりきって、そのような思考力を持たなければ、メディアや偏った情報によって本当に正しい判断ができなくなってしまいます。

    勧善懲悪というものは世の中に実はあまりなく、立場によって意見が違って、価値観も違い、考え方も異なります。子どもたちに伝えていきたいのは、ちゃんとそれぞれの立場に立ってみて、物事の良し悪しを判断する必要があるということです。仮説的でも良いので、逆の立場の人がなぜ理解しないんだろうか、なぜそんな行動を取るのかを考えた上で、何が正しいのかを判断することが大切だと思います。

    子どもたちが将来大人になり、社会で活躍したり、日本を動かすような立場になったときにそのような物事の考え方ができる人材であってほしいと心から願います。この文章を見てくれた子どもたちには、自分で今起こっている世界の出来事や様々なニュースを調べ、自分の意見・結論を持ってほしい、今回のロシアウクライナの動きで今まで以上にそのような気持ちが強くなりました。世界情勢を他人事と思わずに色々な立場になりきって考えれば、そこから得られる知見があります。

    ただ、1つ確実言えることは、様々な事情があるとはいえ、戦闘員でもない一般市民が巻き込まれ血を流すことはどんな理由があろうとも許すべきではない、ということです。停戦協議も行われようとしています、なんとか、事態が収束する方向に向かってほしいと願うばかりです。

    岡崎 

  • Minowa’s column to February in 2022 ベストワン三ノ輪校

    ◎ 『終わり』の始まり・・。

    勇気を出して、意見を言いたいと思います(笑)。オミクロン株の感染力は凄まじく、東京でも1万人を超える感染者が出ています。欧米各国も日本以上にとてつもない数です。ただ欧米はピークは過ぎ、少しずつ減少傾向にはあります。去年までの新型コロナウイルスと比べて、重症率や致死率は格段と下がっています。
    しかし政府の定める指定感染症においては隔離を必要とする分類なので、医療現場はひっ迫しています。もう一度、分類の見直しが必要です。

    炎上覚悟で意見を言わせていただきますと、このオミクロン株は、2年前、未知のコロナウイルスが世界を混沌に陥れた時から、待ち望んでいた『待望の変異種』だと思います。
    ウイルスは常に変化し続け、毒性を変え、感染力を変えていきます。歴史的にはほとんどのウイルスは、毒性が下がるのと反比例して感染力が上がっていきます。感染対策をここまで行っている中でこの感染力ですから、「ただの風邪」とまでは言いませんが、少なくとも人類の存亡に対して大きな恐れではなくなっています。

    PCR検査についてかなり調べました。偽陰性など含めて完全な精度ではありませんが、コロナウイルスだけでなく他のウイルス検知についてもかなり高い検知能力です。
    インフルエンザの検査で鼻に綿棒のようなものを突っ込んで検査したことがありますでしょうか。オエッとなるやつですね(^^;)。あれは、ある意味かなり精度が低く、ウイルスが相当増幅しないと検知しません。
    なので、高熱が出てからすぐに測っても陽性と出ないと言われた経験がある人もいるでしょう。もうかなりの高熱で体内にインフルエンザウイルスが溢れる状態になって初めてわかるものなのです。

    それに比べてPCR検査は、少ない量でも検知します。実はこれがやっかいで、人は元々、様々なウイルスを抱えて生きています、大昔からずっとです。少し風邪気味かなという時はもちろん、無症状であるときもウイルスは存在しています。ですから検査すれば、当然陽性となる確率は高くなります、無症状だとしてもです。オミクロン株はそこまでのレベルに下がったというべきでしょう。

    何度も言いますが、感染力は圧倒的ですから、拡大はします。しかし、他のウイルスにしても全く影響もないウイルスも含めて私たちはすでに保持したまま生活をしていることを忘れてはなりません。風邪をひかないように特に乾燥する冬場は対策を講じていきましょう、それだけの話です。
    現状、ルールはルールですので、陽性だった場合の隔離などは従う必要がありますが、ぜひ冷静になってウイルスそのものの大前提を認識した上で、自分の活動範囲や活動量を選択しましょう。

    学校現場は対応に追われ先生方も大変だと思います。とある私立高校では、以前の海外宿泊学習が延期になって場所を沖縄に変え今年の3月に行く予定が、それが最近の社会情勢で再び中止になり、結局延期にもならずに消滅してしまったということです。
    生徒も最大級に可哀想ですが、学校の先生もその変更に伴って膨大な時間が割かれたことでしょう。その労力たるや、想像するだけで胸が痛みます。実際のコロナウイルスの知識が増えれば増えるほど、これを「仕方がない」という言葉で片づけてよいものか、疑問が膨れ上がります。

    どんな大富豪がいくらお金を出しても買えない『若い時代』を大人たちが簡単に搾取制限してしまうことは非常に罪深いことだと思います。職業が教育者だからそう思うのか、、いや、1人の大人として、リスクとの天秤を正確に判断するよう努めなければなりません、先生も、親も。

    大人の役割は、第一に子どもの生命を守ること、第二に子どもの自由を守ることだと思います。


    岡崎 吉博

  • Minowa’s column to January in 2022 ベストワン三ノ輪校

    ◎ 差がつくのはいつなのか・・。

    通知表があと1あれば…、この科目の点数があと数点高ければ…、中学3 年生の受験生にとって12 月は、最終的に受験校を決める月です。学校の三者面談で、都立を第一志望にするのかその場合は私立の併願優遇をどこの学校にするのか、私立単願であればここの学校まではOK です、と、これまでの成績を元に判断を迫られます。

    併願優遇が取れなければ、私立で安心できる学校をもう1つ受験する必要も出てきます。最悪、私立を受けずに都立だけを受験することもできますが、がけっぷちの状態でどこまで力を発揮できるのか、入試当日まで気持ち的に不安は拭えないでしょう。

    万が一その唯一の都立が不合格だった場合、都立の二次募集というものがありますが、定員割れした学校だけが二次募集をするので年によっても学校が変わりますし、定員の不足分を補うだけですから人数枠も極小です。

    さらに二次募集は最後の砦ですから、レベルを2 ランクくらい下げて受験する人もたくさんいます。元々の志望校レベルに合格することはより至難の業です。これまでそのような状況になった生徒はゼロではありませんが、精神衛生上、安寧とは程遠いものでした。保護者の方も、塾の先生も、もちろん受験生本人も。様々な思いで受験をしますから、受験する学校が同じであっても全く別のストーリーです。

    私は、選択に後悔のない受験をしてもらうことを最優先に進路指導やアドバイスをしています。都立のレベルを下げて少しでも安心を得ることも、私立単願にすることも決して逃げているわけではありません。自分の中でどこまで納得できているのかが重要です。

    高校に入ってから、全てが楽しいことばかりではなく、苦しいことや嫌なことも必ずあります。そこで、受験の時やっぱりああすればよかったんだ、自分は本当はあっちにしたかったんだと逃げ道にしてほしくありません。大学生になっても社会人になっても、それを引きずってしまうようなことは絶対に避けなければいけません。

    どういう結果になっても、この先どんな苦しいことがあっても、この選択が間違えていたという結論に結び付けてしまわないように、自分で納得して、自分で決断をするべきだと思うのです。人のせいにして、環境のせいにして、逃げ回っていても楽しい人生を送れるはずがありませんから。

    だからこそ、1 学期の通知表は非常に重要になってきます。まだ受験意識が高いとは言えない中でどこまで頑張れるか、秋冬になったときに後悔をしないために、先生たちもそこは最も力を入れて声掛けをします。

    もしかしたら中3 の1 学期が一番厳しくするかもしれません。夏や2 学期以降は、生徒も自覚して危機感を持って頑張ってくれる子が多いので、あまり厳しいことを言わなくともしっかり取り組んでくれることが多いためです。通知表はあまり関係なくとも、来年大学入試を迎える高校2 年生も同じようなことが言えます。差がつくのは夏までの努力という意味です。

    中2 も高2 も、私はこの年度末、つまり1 月から3 月までが実は肝だと思っています。生徒の皆さんもそのことを自覚して、2022 年のスタート、着実に走り出しましょう。

    まだまだコロナの影響も残っている中で、それでも時代は進んでいきます。受験生だけでなくどの学年の生徒さんも、講師の皆さんも、そして保護者の皆さんにおかれましても、新しい時代で新しい自分をどんどん生み出していき、充実した素敵な1 年間にしていただきたいと願っております。

    本年もECC ベストワン三ノ輪校にご通塾いただき誠にありがとうございました。来年もご通塾している生徒さんを全力でサポートさせていただきます。

    良いお年をお迎えください。

    岡崎 吉博

  •          ○○新春イベント!「全学年対象」正月集中特訓!○○
     
    ECCベストワン三ノ輪校では毎年1月3日に受験生を対象に、苦手克服を目的とした集中特訓講座を実施しています!
    普段の授業とは違って60分×6コマ最大2科目実施し、生徒さんの苦手克服にとことん注力する講座です。

    そんなスペシャルイベントがご好評につき、今年はなんと「全学年対象」になりました!
    この機会に自分の苦手な科目・単元に向き合ってみませんか?

    講師たちも前々から準備をしている一大イベントです。正月特訓でお会いできるのを楽しみにしています(^^)/

    ※座席数に限りがございます。先着順となっておりますので、お申し込みはお早めに!(昨年は締切前に定員に達しております)

  • Minowa’s column to December in 2021 ベストワン三ノ輪校

    ◎ 大谷翔平から何を学ぶか・・。

    大谷翔平選手がメジャーリーグのMVP に選ばれましたが、正直私自身もかなり興奮しました。
    ホームラン数も投手としての勝利数も、特に後半は日々速報が楽しみになっている自分がいました。
    野球に興味がある人もない人もいるかと思いますが、どんな分野においても日本人が世界で活躍する姿はとても誇らしく感じるという方はたくさんいると思います。

    二刀流というキャッチ―な言葉も手伝って、さらには記者会見などのあの立ち振る舞いも含めて、まさに憧れという存在にピッタリの人物だと思います。
    そこで、1つ分析をしてみたいと思います(笑)。投手と打者の2つにおいて結果を残したことが最も評価されたところですが、なぜそれを成し得たのか、なぜ他の選手にはできなかったのか、私なりの思考分析を進めてみたのですが、1つの側面として、スペシャリストという概念がこれまでそのような選手を生み出さなかった理由になっているのではないでしょうか。それは、「何かを極めようとする」=「1つに絞る」という概念です。

    当然、時間的な限界がある以上、数が多くなればなるほどそこに費やせる時間は制限されます。ですから専門という意味はある意味他を排除することに繋がっていきます。それが先入観として社会通念となり、スポーツなどは特にそれが前提になっていたと思います。日本のことわざでも『二兎を追う者一兎も得ず』という言葉があり、まさにスペシャリストを紐づけるような言葉です。

    そんな中で、今回、大谷選手が教えてくれたことは、二兎を追ってもよい、ということだと思います。やりたいこと、携わりたいこと、夢、将来の仕事においても、諦めずに、両方できることを前提に努力するべきです。
    例えば、先生をやりたい、でもデザインの仕事にも興味がある、そんな時にどちらにしようかなではなく、そのどちらもやればいいのです。選択しなければならないということは本当の最終段階であって、今の子どもたちが社会人になる時には、もっと多様な働き方になっているでしょうから、私個人的な見解としては、可能になっていると思います。今でも副業を認める企業が増えているくらいです。

    この先、もっとそれが広がっていって、それぞれが複数の企業に所属するという時代も遠くないと思っています。様々な分野における二刀流、三刀流が当たり前になっていくはずです。その先駆けとして大谷選手が示してくれたような気がします。

    子どもたちを指導する中で、将来の夢や仕事など、話題になることは少なくありません。その時に、決して否定することなく、絞らせることもなく、そのために必要な道筋を与えてあげられるような教育者でいたい、そんな思いを抱かせてくれた大谷選手のMVP でした。

    冬期講習が始まります。それぞれの目標をしっかり設定して、自身のレベルアップを達成し、夢に近づいていくことを実感しながら、2022 年に入っていきましょう。

    毎年1月3日に受験生対象に正月特訓を実施していますが、今年は全学年対象とします。毎年、非受験生からの要望も多くいただいていたので、座席数は限られていますが、2022 年を充実した1 年にするべく、受験生に関係なく、年初めの勉強イベントにチャレンジしてほしいと思います。苦手科目を集中して受講する目的です。なかなか苦手克服をするタイミングは取れないものです。1 日で完結するわけではありませんが、科目だけでなく学ぶ単元も絞ってきっかけを作り、この単元は自分の武器だと思えるような授業にしたいと思います。

    もちろん受験生は私の中では半分強制でやってほしいと思っています(笑)。泣いても笑ってもあと1~2か月、最善を尽くして後悔のない受験をしましょう。

    岡崎 吉博

  • Minowa’s column to November in 2021  ベストワン三ノ輪校

    ◎ 多様性の意味を間違えずに・・。

    第1波〜第4波までの感染者数は約80万人で死者数約15000人、死亡率は1.9%です。第5波の感染者数は約90万人で死者数約2800人、死亡率は0.3%です。感染者数はほぼ同じでも雲泥の差です。ワクチン2回接種が国民の7割を超えたことも大きな要因と言えるでしょう。

    データを冷静に捉えれば、もはや普通の風邪と変わらないレベルです。冬に第6波が来ると予想はされていますが、そのレベルで言えばインフルエンザは毎年訪れ第何波になるのかとツッコミしたくなる話です。日頃からコロナだけでなく他のウイルス含め感染予防はする必要がありますが、生活を制約するようなレベルではありません。慣れが意識を変えてくれると思いますので、このまま過去として歴史に刻まれるのでしょう。

    そこで、受験生やそのご家族の方にはインフルエンザの予防接種をお勧め致します。接種後の免疫生成期間を考慮すると10月末から11月に接種することが望ましいと言われています。私も毎年この時期に接種しています。コロナによってどこか埋もれてしまっている感がありますが、インフルエンザで重症になると1週間以上の時間を失うだけでなく、その期間によって、復習の穴が空き、積み重ねてきた知識を薄れさせてしまう恐れもあります。

    入試のタイミングはまさにインフルエンザが流行る時期と被りますので、やはり接種の意義は大きいと思います。コロナワクチンもインフルエンザワクチンも、ただの風邪だから打たなくてもいいということではなく、その風邪において重症化しない確率がグンと上がるのであれば、意義はありそうですという意味です。

    しかしその一方で、現在の法律において、ワクチン接種は強制ではなく自由です。その中において責めることはしてはいけませんが、その法律を疑い議論することは必要なはずです。法律を作るのも人間ですから完璧ではない可能性もあります。実際に今アメリカでは外国人が入国する際にワクチン接種証明が義務付けられています。飲食店でもワクチン接種者のみ入店が可能となっているところが増えています。

    誤解のないように改めて申し上げますが、現在ワクチン接種は自由です。打たない選択肢もアリです。副反応などの心配をするのも当然だと思います。義務というのは、かなり大きなリスクを避けるために行使されるべきもので、ここまで言っておいて私の個人的な見解は現段階において義務化は反対です。国が国民に対して義務を課するというのはかなり慎重にならなければなりません。
    現段階で反対なのは、重症率や死亡率を鑑みて、まだ個人の自由を尊重するべきレベルだと思うからです。それを今後どうするべきか、しっかりとファクトを見極め議論し、変化を柔軟にしていくことが必要だと思います。

    この意見も私個人の私見ですので、それぞれ違う意見があっても良いのです。自分と違う意見を押し付ける、または聞く耳を持たない、その排他的な感性はダメだと思います。ワクチン肯定派も否定派も、お互いに、です。たとえば私はワクチン肯定派であり、義務化反対派なわけです。この2つの軸をごちゃまぜにしてしまうと言い合いになり、不穏になり険悪になってしまいます(-_-;)。お気をつけください(笑)。

    現在、多様性が叫ばれている時代ですが、その多様性とは、「自分が好きにして良い自由」というよりも、「自分とは違う感性に対して寛容・許容の精神を持つこと」です。「自分が好きなようにして良い自由」ばかりでは、無法地帯となり周りの人を気づかないうちに不幸にしてしまうでしょう。多様性の本質とは『自分の感性』ではなく、あくまでも『他者の感性への気持ち』なんだと思います。SDGsやLGBTなどの題材も、子どもたちに教育するべきはそこだと思っています。

    岡崎 吉博

  • ――11月の三ノ輪校――

    ○完全休校日:11/23、11/29

    ○11/3は祝日ですが、通常通り授業を行います!

    ○定期テスト対策期間:11/1~テスト前日

  • Minowa’s colum to October in 2021     
    ベストワン三ノ輪校

    ◎ 努力の向けどころ・・。

    少し前の号でお話しましたように、ワクチン後に死亡したというニュースを最近たまに目にしますが、感染者数が減少傾向にあり、緊急事態宣言も解除に向かっているでしょうから、そこまで目くじらを立てて大騒ぎする人もいないのかもしれません。

    日本はもう2回接種は50%以上になり、スタートが遅かったものの、ものすごい勢いで欧米各国に迫り、すでに率ではアメリカを上回り、もうすぐドイツやフランスに追いつく勢いです。感染者数の減少もワクチンの効果が影響していると言えるでしょう。

    このまま冬に入り、どう推移していくのか注視しなければなりませんが、来年には治療薬も開発されそうですので、ようやく、この歴史に残るパンデミックは終焉に向かっています。しかし、そもそもウイルスというものは姿かたちを変えて存在しているもので、昔はそれが判明する技術がなかっただけで、人類の歴史はまさにウイルスとの闘いそのものです。

    ですから、私たちはコロナの前から見えないウイルスのリスクを背負いながら生活していたということを忘れてはいけないと思います。それは、怯えることを意味しているのではなく、そのリスクを背負いながらも普段の生活を営んでいたはず、ということです。もはやゼロリスクはありませんので、ある程度のリスクを背負いながらも、日常の生活をしていくことが大切で、今後もそこに意識を向けなければなりません。

    これから冬を迎え、インフルエンザも含めマスクの着用はまだ続きますが、その冬が明けたとき、マスクをつけないタイミングは非常に難しく、社会全体で変えていく必要があります。大人たちは政策よりもその許容に勇気を持って挑まなければなりません。予想屋ではありませんが、次の難題の1つになると思います。


    話は変わりますが、とある私立高校で、特別招待講師として、英語の授業を行うことになりました。私立高校などではよくある、土曜日などに予備校の先生を招き講座を実施するというもので、もちろん大学受験のための授業です。私は長年大学受験専門で高校生に英語の授業をしてきましたので、少し懐かしくもあり、気持ちが高ぶるものもありました。

    そして最初の授業で話した内容は、成績を上げたい、英語のレベルを劇的に伸ばしたい、そんな気持ちに対して最も必要なものは何か、です。答えは、「努力を向けるところの改革」です。勉強することを、努力を向けるところの最優先にするのはやめましょう、と。特に大学受験においては多くの時間を勉強に充てるのは当たり前です。最も努力を向けるところは、仕組み作りです。いわゆるマイルールのような、自分の行動に対して、いかに習慣化を作っていくかです。

    自分がやる気になる引き金は何かをちゃんと見つけて、それを日々の生活に落とし込むことです。やる気をコントロールできれば自然と勉強時間は増えます。多くの人は、勉強することに努力するので自分の気持ちに逆らって苦しい思いをするし、当然、実行に移せないことも多々あります。その前段階、自分の気持ちを前向きにする工夫を取り入れることに注力するべきなのです。

    社会人になっても必要なスキルが仕組み作りです。むしろ、仕組みを作る能力がある人が上の立場に上がっていきます。最たるものは政治家ですが、自分の仕組みを作れない人が他人に仕組みを提供できるわけがないので、学生時代に養うべきは、仕組みづくりの練習、試行錯誤してどう仕組みを作っていくかだと思います。定期テスト勉強も、受験勉強も、自分に仕組みを作るトレーニングと思って臨んでください。

    自民党総裁選が行われました。この盛り上がりの仕組み作りは、さすがというかなんというか(笑)。

    岡崎 吉博

  • Minowa’s colum to September in 2021     
    ベストワン三ノ輪校

    ◎ 受け止めて華麗にスルーしよう・・。

    また予断を許さぬ社会状況にはなっていますが、とにかく夏休みが終わります。受験生にとって大きな山場であったことは間違いありません。その山場の頑張りが数字になって表れるよう全力で臨んでいただき、模試の結果を楽しみに待ちたいと思います。
    塾での新学期が始まる前に、夏の間に学んだことを必ず復習する時間を取りましょう。この作業は皆さんが思っている以上に重要です。


    オリンピックもあっという間に終わって、パラリンピック開催中です。開会式でギタリストの布袋さんが出てきたときは驚きましたが(知っている人も少ないかもしれません(^^;))、あの長時間の開会式を担う関係者たちは本当に大変だったんだろうなと、外部に漏れてはいけない状態でどれほど練習を重ねてきたんだろうと、想像だけで感心してしまいました。

    こういうものは賛否があるのが当然で、良かった悪かったと特にネット上においては様々な意見が出ていますが、単純にその労力を推し量ると私は非難すらできない気持ちになります(笑)。
    芸術という類の分野は、もはや素人が評価できるものではなく、評価が簡単にできてしまう時点で芸術としてはレベルが高いとは言えないのかもしれません。

    多くのものには賛否があり、それがないのはむしろ価値が低いという話を、以前ある大手広告代理店の敏腕ビジネスマンが言っていました。まさにその通りだと思います。
    ですので、最大多数に評価されることは大切ですが、批判を避けようとすることに重きを置いてしまうと本当にクオリティの高いものはできません。

    そこで重要になってくるのが、その批判非難に対する捉え方であり、解釈だと思います。完全に批判を無視することが良いことなのか、そうは思いません。その批判には確実に存在する側面があり、それを参考に次に繋げる努力をしなければなりません。

    しかしその批判を真正面から受け止め過ぎても、普通の人であればメンタルが崩壊するでしょう。変な言い方ですが、「受け止めて自分の次に繋げる要素を抽出してから華麗にスルーする」…そんなイメージでしょうか(*^_^*)。これは社会人になっても必要なスキルだと思いますし、どちらかに偏っても成長は望めません。


    生徒の皆さんにしても、部活にしても学校行事にしても、今後何かに取り組むときには必ずぶつかる局面でしょう。自分が信念を持って決断したこと行動したことについては、批判を恐れることなく、価値が高いことの証明と思って、受け入れた上で全力で進める勇気を持ちましょう。

    ただし1つだけ。その批判が、人間性を否定するものであったり、いわゆる人権問題にまでなり得るような誹謗中傷についてはこれの限りではありません。完全にスルーしましょう。誰にも皆さんの人間性を否定する権利などありません。
    ですので、行動や過程などの批判は受け入れる必要がありますが、人間性に対する批判は気にしないで無視するといった、きちんと区別できるような感覚を持つことは人生における幸福の条件の1つだと思います。

    子どもの教育においても同じことが言えます。「あなたはダメ」ではなく、あなたの○○がダメ」と具体的な行動や過程を伝えなければなりません。言葉では小さな差ですが、積み重なった後々の結果では大きな差になります。そんなに大事なことをどうやって教育で教えるのか、私は仕事的にそして立場的に、深く考えてしまいます。こういう活字で教えてあげることが可能なのかどうかはわかりませんが、少しでも皆さんの「気づき」になってくれたら嬉しい限りです。


    ワクチン接種の1回目を済ませましたが、腕が少し痛いものの熱は出ませんでした。2回目は高確率で熱が出ると思いますが、解熱剤を飲んでから接種すると高熱が出にくいとのことです(^^)/。

    岡崎 吉博

  • 三ノ輪’s colum to August in 2021        
    ベストワン三ノ輪校

    ◎ 受験に必要な情報処理能力・・。

    オリンピックの熱戦が繰り広げられています。単純に、とても楽しく、とても興奮し、感動させてくれることに、中止にならなくて本当に良かったと思っています。感染者数の増加で異論も増えてきそうですが、高齢者ワクチン接種が進んで死者数は半年前の10分の1にまで下がっています。あまり報道はされていませんが(^^;。

    無観客は非常に残念ですが、世論に押されず中止にしなかった政治決断は大英断だと個人的に思っています。特にスポーツでもマイナーとされる競技においては、競技普及のためにはオリンピックは不可欠であり、最大限に利用しなければいけません。ある意味死活問題です。

    妄想家の私は、マイナースポーツ(と言ったら怒られるかもしれませんが)のメダル獲得のニュースを見ると、その周りにいる協会の人たちや全国の競技者たちがどれほど喜んでいるかを想像し、そこにかける熱い思いがあったのだろうと、勝手に感動を倍増させています(笑)。

    受験生にとっては、オリンピックをゆっくり楽しんでいられない状況ではありますので、こんな話をするのも少し申し訳ない気持ちがありますが、勉強をしながらも結果のハイライトを観たり、自分のスケジュールをしっかり立ててその時間を工面することは問題ありません。

    集中力を保ちながら学習することは何よりも重要なので、オリンピックでなくとも必ず休憩時間や気分転換の時間を確保することを忘れないでください。そして自分の道をしっかり見据えて、努力を続けることです。

    オリンピック選手のインタビューなどを観て、メダリストたちはこれまで支えてくれた人や応援してくれた人に対して感謝の意から必ず始まります。私はこの仕事をしているので、いつも思います。受験生も全く同じだなあ、と。

    きっと保護者の方や教えてくれる先生たちがいて、一緒に頑張る友達やライバルがいて、それで自分の壮大な目標を達成するために頑張れたということです。受験生たちが第一志望校に合格したときに、そんな風にこれまでサポートしてくれた人たちへの感謝の言葉が聞けたなら最高です。むしろそうなってくれるように私たちも頑張って全力でサポートしていこうと改めて気を引き締めるきっかけをもらっています。

    受験勉強をしていく上で、その根幹にある必要な能力があります。それは、情報処理能力です。もう少しわかりやすく言うと、与えられた情報に対して、疑問を持ったり、自分の人生で似たような事例や言葉やストーリーに紐づけられるような思考力のことです。

    例えば、新しい知識を先生に教えてもらったとして、その情報に対して、「これはあの言葉に似てるな」とか、「え?この場合は当てはまらなくないか?」など瞬間的に考えることが大切で、優秀な人の共通項として、それが自然と出てくることが挙げられます。大したことないと思うかもしれませんが、その一瞬の思考が、新しい知識に印象を強めて記憶力の維持に繋がるのです。

    言ってしまえば、正しい正しくないはさほど問題ではありません。その情報にインパクトをどう持たせるかが大事です。なかなか一朝一夕で身につけられるものではありませんが、それでもどこかで自分でトレーニングを始めないと一生身につきません。
    できれば小学生のうちからそのトレーニングが始まれば素晴らしいと思いますが、中学生または高校生でも遅過ぎるということはありませんので、ぜひ新情報の強引な紐づけをする思考をお願いしたく、生徒たちにも個別にお話していきたいと思います。

    ワクチンは重症化を避けるものであって感染しないものではありません。接種しても感染することはありえますが、それはインフルエンザも同じです。お悩みの方はぜひ前向きにご検討ください。

    岡崎 吉博

  • 三ノ輪’s colum to July in 2021
    ベストワン三ノ輪校

    ◎ ダブルスタンダード・・。

    オリンピックに触れないわけにはいきません。きっと来月も(笑)。開幕まで1 ヶ月を切り、数か月前まで世論の7 割が中止だったものが、6 月末においては4 割くらいになってきました。

    それは、代表選考のニュースなどによって機運が高まってきたのか、それとも、決まったことに対する諦めなのか、、両方あるような気がしますが、そこからよく聞くようになったのが「ダブルスタンダード」です。

    「ダブルスタンダード」とは、ダブル(二重)スタンダード(基準)ですから、軸が2つあるという意味ですが、メディアは五輪の中止を訴え続けてきたものの、実際にやるとなったら五輪にまつわる放映をするのがおかしいではないかということです。

    確かに、「今やるべきでない!」という論を振りかざしておいて、いきなり「日本代表が決まりました!期待大です!」などの報道を見ると若干の違和感は持ちます。ですが一方で、やるべきでないと主張してきたからやるとなったら応援しません放映しません、、これはこれで私としては、どこか子供じみてふてくされているような風に捉えてしまう自分がいます(;^_^A。皆さんはどう思いますか?

    賛否両論ありますし、正しさはちょっと私にもわかりません。ですが、ダブルスタンダードはだいたい何かを批判するときによく用いる言葉ですが、一歩立ち止まって、その整合性を考えてみていただきたいと思っています。ダブルスタンダードが正当であることはないのでしょうか。

    例えば、変化とともにスタンダードが変わることもあるでしょうし、今回のように、五輪をやるべきでないけれども、やると決まったら日本人として全力で応援するという、論点を振り分けて考えることもできます。
    世の中の当たり前に矛盾を感じ疑問を持ってみる、さらにはその疑問に乗った批判に対して本当にその批判が正しいのか疑ってみる…巡り巡ってわけがわからなくなりそうですが(笑)

    そこまでの真理追究をすることで、思考力は養われていきます。哲学的なことを考えようとまでは言いません。ですが、疑問を投げかけるのは1 回だけでなく自分の持つ批判に対してももう1 回投げるこ
    とができれば、そこには相手の立場を、相手の気持ちを思いやる心が生まれやすいと思います。

    五輪のスタートが、夏休みのスタートになりますが、受験生にとっては最大の山場です。去年の受験生も大変でしたが、今年の受験生もやはり大変です。

    2 年生の1 年間が異常な事態だったわけですから、影響がないわけありません。高校受験も大学受験も2 年生内容が最も出題占有が大きいと言われています。それを踏まえて受験勉強をしなければなりません。下地がしっかりしていなければいくら表面的にテクニックを覚えても応用力が身につきません。

    ですから今年の受験生の夏は例年以上に2 年生内容に力を入れなければならないと考えています。講師と共有し、生徒の皆さんに最善の授業を心がけていきます。


    コロナ禍で異常な1 年間ではありましたが、これからワクチン接種が広がっていけば、元に戻るものと変わったまま戻らないもの、どちらもあるはずです。

    さて、ここで考える話ばかりで恐縮ですが、何が元に戻るべきで、何が戻らないべきなのでしょう。少しの時間でもいいのでぜひ考えて
    みてください。さらにそれをご家族で話し合う時間があれば一層価値が高まりますので、お忙しいとは思いますが、実践していただければ幸いです。そういう教育も家庭における重要な役割だと思います。科目を教えるではなく、情報量を増やしてそれを吟味することは成長を生みます。

    来月、オリンピックで明るい話題がたくさん出てくることを楽しみに7 月を迎えたいと思います。

    岡崎 吉博

  • 三ノ輪’s colum to June in 2021         ベストワン三ノ輪校

    ◎ワクチンへの理解・・・。

    これから訪れる事象を見越して、1つお伝えさせてください。

    ワクチンについてです。ものすごく雑な計算をします。日本の2019 年の死亡者数は約137 万人です。1 日あたりの死亡者数は約3700 人、日本の人口を1 億3000 万人とした場合、人口100 万人あたり1 日約30 人死亡しています。1400 万人都市の東京は約420 人が1 日で死亡する計算になります。コロナ前の話ですから、ワクチン接種の影響に関わらず、例年のことです。

    1 億人がワクチン接種したらその後1 日以内に約3000 人が死亡します。ワクチンが直結した死因かどうかの判断は極めて難しく、のちに相関関係は統計で示すことはできるかと思いますが、因果関係の証明はかなり困難と思われます。もちろん、ここには様々な要素を加味して調整をする必要がありますので、前置きの通りものすごく雑な計算ではあります(^▽^;)。

    何が言いたいのかというと、これからワクチン接種が進んでいくと「ワクチン打った人がどんどん死んでいる!」という情報が山ほど出てくるでしょう。実際に海外でそのような状態になっている国もあるようです。
    しかし、上記のような情報をなんとなく知っていると、冷静にそのニュースを受け止められると思います。
    そもそもワクチンとは絶対なものではなく、接種しても感染することはあります。当然副作用も考えられますし、初期は体調不良も多くみられます。
    しかしこれは確率論であって、何が相対的により安全か、という話です。切り取られた情報で、ワクチン接種が敬遠されてしまうのではないかと危惧しています。偉そうなことを申し上げてしまいましたが、人生の幸福を追求するにあたり、いつもリスクは内在しています。ゼロリスクはありませんし、それを求め過ぎては人間としての自由や幸福の追求が阻害されてしまいます。できるだけ全体を捉えるような感覚で情報を判断していくべきだと思っています。

    社会生活だけでなく、ビジネスなどにおいてもそのような視点を持つことが大切で、子どもたちに少しずつでもそのような教育を施してあげないといけません。両端の立場になりきって、思考を進めるトレーニングをしていきましょう。
    ディベートなどはその類だと思いますが、そんな大それたことでもなく、日々の生活で、身の回りに起こる出来事を、当事者意識で疑問を投げかけては調べてみて、その繰り返しが視点の習得に繋がります。

    人は1 日に35000 回の決断をすると言われています。朝起きること、二度寝すること、トイレに行くこと、顔を洗うこと、そのすべてが決断です。もっと小さく考えれば、視線をそこに向けること、ですら決断しているということです。
    そのうちの1回が「勉強する」であったり、「塾に行く」であったりします。1回1回の決断に負荷をかけすぎると、ストレス含め疲労が蓄積していきます。むしろ運動などの肉体的な疲労以外は、すべての疲労はこれにあたるのかもしれません。

    逆にその負荷を少なく判断をしていけば、疲労感なく行動を起こせます。判断には正確性が必要ですが、大きく受け止め過ぎても正確性が高くなるわけではありませんので、もっと気楽に、もっと勢いで、判断をしていきましょう。そうすると実は勉強もたくさんできると思いますよ(*^-^*)。

    コロナワクチンの話にせよ、決断回数の話にせよ、自らの人生の幸福度を高める工夫をしていくことは何よりも大事なはずで、ストレスを減らしながらも、自分の希望や夢を自由に制限なく追いかけていける、そのためにはゼロリスクではなく、総合的な価値判断をしなければなりません。

    岡崎 吉博

  • 三ノ輪’s colum to May in 2021         ベストワン三ノ輪校

    ◎ イベントは利用するもの・・。

    緊急事態宣言が出されました。3度目であることや学校は今のところ一斉休校にならないことも含めて、やはり1度目の時とは違う感覚で捉えてしまうものです。ただ、変異種はこれまでよりも感染力が強く、若年層にも届くものということがわかっていますので、注意が必要です。そこまで行動制限をする必要はないと思いますが、予防の徹底を各自がしっかりやることは必須です。塾においても今一度消毒や換気などできる限りの対策はしてまいります。宣言中の対面授業をオンライン授業で受けたいというご希望がございましたらお知らせください。対応させていただきます。
    オリンピックもまだ不透明ではありますが、今の世論ではなかなか賛同を得られないかもしれません。これは私の持論ではありますが、国内で様々なスポーツが実際に行われている以上はやらない理由はないと思います。もちろん、海外でまだ日本よりも大変な状態の国もあり、参加できない場合もあると思いますが、それでも世界で最も大きなスポーツの祭典は、子どもたちにも夢や希望を与えてくれます。コロナによって様々な制約があったり我慢を強いられているからこそ、少しでも明るい話題が増えてほしいというのが根幹にあります。海外から観客を呼ばない前提であれば、しっかりとした感染対策を講じた上で1つでも1人でも多くの人に感動を届けてもらいたいと思っています。といっても私が決めるわけではありませんので、どうなるかはわかりませんが(^^;
    ワクチンはこれから徐々に広まっていくと思いますが、医療従事者、高齢者、教育関係者などの順序を経て一般に普及していきますので、おそらく夏以降になるかと思います。そこまでになんとか爆発的に感染拡大しないように今回の宣言も出されたのだと思いますが、政治行政が時短や休業命令を出す対象がどうしても偏っているように感じるのは私だけでしょうか。飲食店ばかりがやり玉に挙がり、今回はついに禁酒法のごとく酒類の提供も禁止です。歴史を紐解くとアメリカで禁酒法が存在していた時代、密売が横行し犯罪組織の財源になり、強大化していきました。過度な制限は逆にアンダーグラウンドでの暗躍を促し、治安が悪化していくものです。もちろんすべてを緩和するべきとは思いませんが、偏った業界にのみ負担が強いられるのはやはり違和感があります。

    5月にほとんどの学校で中間テストがあります。新学年になって初めてのテストです。各学年によって重要度も変わりますが、何よりも計画が大切です。少なくとも2週間前には自分のテスト勉強スケジュールを立てましょう。今のこの社会情勢だからこそ、このGWは有意義に使ってほしいと思います。そんな先生たちの想いから、今回のテストイベントは、題して「GW特別強化イベント」。塾でノートを一冊お渡ししますのでそこに自習をするというものです。家でも塾でも有効です。その時間数とページ数によってポイントが付与され、テスト終了後に集計し、表彰します。トップランカーには豪華景品もあります(*^-^*)。1点でも高く、そんな先生たちの願いで企画されたものですので、ぜひ、GW中に塾で渡されたノートに自習していただき、テスト後に持参してください。どうせやらなければならないのであれば、塾のノートにやって表彰されたり景品をもらってください。イベントは利用してお得な選択をしましょう。そして、1学期は中間テストのあと期末テストまで一瞬です(笑)。1ヶ月もなかったりします。まずはその2つを乗り越えて、余裕を持って夏を迎えましょう。受験生も、まずは定期テストです。そこから受験勉強は始まっています。
     岡崎 吉博

  • 三ノ輪’s colum to April in 2021 ベストワン三ノ輪校
    ◎ すみません、長くなりまして・・。
    前号にて、「令和の奇跡」をお伝えしましたが、またご報告したい「令和の奇跡Ⅱ」が起こりました(笑)。大学受験において、おそらくこの1 年間誰よりも塾にいて自習をしてくれた男の子の物語です。彼は、中学1年生の冬に塾に来て、今だから言えますが、全教科において半分の得点もできず、国語に至っては、10 点20 点レベルでした。親御さんも学校から度々呼び出されて注意される、そんなある意味問題児ともいえる状態でした。そこから塾に通い始めて、最初は英語数学で
    始めました。教科の性質上時間のかかる科目ではありますが、2 年生の夏明けには平均点越えをし、3 年生の初めには全教科70~80 点近くまで取れるようになり、偏差値も内申もうなぎ上りして第一志望の都立高校に合格、サクセスストーリーを作りました。彼は、どんどん頭が良くなっていくのが楽しかったと、後日談ですが話してくれました。先生の言うことを忠実に一生懸命こなす素直な性格であったことが何よりの要因であったと思っています。
    その3年後、彼が大学受験をするにあたり、いわゆるGMARCH を目指すことを決めて、コロナ禍に突入した3 月から本気で学習に取り組み始めました。夏には日東駒専が見えてきました。さらには秋から冬に差し掛かり、私が与えた相当無理そうな課題を、必死にこなしていきました。塾にある赤本(大学入試の過去問)もほとんどやらせました。塾の授業もガンガン行なっていきました。冬休みには日東駒専はより確実なラインに、ただしGMARCH はギリギリといったところで
    した。年が明けての初めての共通テストは、緊張で力を発揮できず満足のいくものではありませんでしたが、本番は2 月からの一般入試。1 週目に日東駒専の試験を受けて、2週目からGMARCHの試験です。GMARCH の試験を受けながら、1週目の結果発表があります。難関大学ですから、全国からその大学に行くために必死に勉強してきた子たちが相手ですので簡単な話ではありません。結果として、日東駒専はほとんど合格し、GMARCH は、、不合格でした。手ごたえも、確実にできたといえるものはあまりなかったようです。私含め指導してきた講師たちも、彼の1年間の努力をしっているからこそ、悔しい思いでいっぱいでした。もちろん、彼が一番悔しかったことでしょう。いつもはお気楽に余裕そうな姿を見せていた彼ですが、全てが終わってお母様と一緒に挨拶にお越しいただいた時は、やはり落ち込みが手に取るようにわかるものでした。その時に、これまでの色々な話と、第一志望群のGMARCH に合格させてあげられなかったことを謝罪し、私が思っていることをすべて正直に話しました。様々な感情が絡み合ったのだと思いますが、彼もお母様も涙を流して、「先生には本当にお世話になりました。ありがとうございました。」と伝えていた
    だき、私も、耐えることが精一杯でした。入塾したときのことを考えれば日東駒専に合格することは信じられないくらいの成長ですが、今の彼にとっては悔しさが大き過ぎてやはり満足できないでしょう。逆に日東駒専に合格してここまで悔しい気持ちになることが成長の証とも言えます。私は、彼の中で自分が努力してきたことへの価値感覚が下落しないことを祈るばかりでした。その財産は計り知れないと、どうやって彼に伝えていけばいいか、気づいてくれるまでずっと彼と接点を持ち続けようと・・。
    それから約2週間、3月19日の金曜日です。ちょうど真昼のタイミングでした。塾に登録してもらっているLINE に突然彼から写真が添付されてきました。LINE をお使いの方ならおわかりでしょうが、写真添付されると内容が開かないとわからず、一瞬なんだろうと疑問を感じながら開いてみると、、、、『青山学院大学 合格通知書』でした。時が、止まりました。つまり、補欠合格で繰り上がったということです。まさかまさかの大逆転劇。しかも不合格のときに補欠合格ならばその旨が記載されているのが一般的ですが、それもなかったらしく、、こんなことは今までに聞いたことがありません。驚きが大きすぎて、一瞬パニック、そして次の瞬間発狂した声を上げてしまいました。しかも青山学院くらいのレベルであれば、辞退者も少ないので繰り上げ合格者はそれほど多くないはずです。本当に補欠合格者の中で上位数名といったところでしょう。私は普段あまり信心深い方ではないのですが、この時ばかりはさすがに、頑張る彼のことを神様が見てくれていたんだと本気で思いました(笑)。すぐに彼に電話を入れました。もしもしの声もなく開口一番、「先生~!!!!!」と興奮状態でした。「おめでとう!!!!!ほんっとに、ほんとに良かった!!」
    そのあと、「人生で一番嬉しい!」と彼は言ってくれました。彼の18年間で一番嬉しい出来事を近くで共有できたこと、こんなに幸せなことはありません。興奮が収まらない中で、「いやあ、やっぱりお前は持ってるね~!」「ヤバいよね!?神じゃね俺??」などといつものようにふざけあって、お母様によろしくお伝えするように言って電話を切りました。
    これまで何百何千と多くの生徒さんを見てきましたが、その中でも5本の指に入るレベルで努力していたのを見ていました。そんな彼にも達成の価値を与えてあげられなかった自分に自責の念を持ち続けた3月でしたが、最後の最後で、努力と結果の因果関係において納得するものを与えてもらいました。もしかしたら与える立場の私の方が多くのものを与えてもらったのかもしれません。後日、改めて挨拶に来てくれた時には、彼と抱き合い、これまでにないほど強く、握手しました。
    これから受験生になる皆さんに伝えたいこと。努力が100%報われるわけではありません、しかし、成功した人は必ず努力をしています。このことを忘れずに、これから1 年間、自分と向き合って必死に闘いましょう。三ノ輪校の先生たちは必ず、そのサポーターとして最善を尽くします。倒れても起き上がらせてくれます。恐れず、一緒に立ち向かっていきましょう。
    前号でお伝えしましたように、私は学校長としての立場ではなくなりますが、三ノ輪校にはちょくちょくいます(*^_^*)。講師の三木・古庄(ふるしょう)に副学校長として尽力してもらい、私含め3 人体制でこれまで以上に手厚く、生徒の皆さんを全力でサポートしていきます。何かご相談お困りごとなどございましたら、いつでも我々にお声がけいただければ幸いです。これまで自分自身も様々な教室に従事してきましたし、他の学習塾もたくさん見てきました。それでもこれほど講師力
    に重きを置き(講師研修はおそらく他塾の2 倍はあります)、イベントなど企画して生徒の皆さんが楽しく塾に通ってくれるようチームとして機能している塾は見たことがありません。手前味噌で恐縮ですが本気でそう思っています。前述させていただいた男の子の物語も、私一人だけの話ではなく、全ての講師スタッフが影響して、成し遂げられたことだと思っています。新学期が始まり、皆さん新たなスタートを切るタイミングですが、講師スタッフを信頼していただき、思いっきり頼
    っていただければと思います。今年度も何卒宜しくお願い申し上げます。
    岡崎 吉博

  • 学校長VOICE to March in 2021          ベストワン三ノ輪校

    ◎ Starting over・・。

    高校入試において、推薦入試、私立入試、そして都立一般入試が終わりました。二次募集を除いて、ほぼ終了したことになります。都立入試の発表は3月2日ですが、楽しみと不安が入り混じった気持ちです、毎年のことですが(^_^;)。大学入試も3月初旬に残っている入試もありますが、概ね2月中に終了しました。こちらも結果は順次ということですが、今回も『令和の奇跡』と呼べるような合格を目にすることができました(本人には失礼ですが笑)。第二志望第三志望と不合格だったにも関わらず、第一志望に見事合格。大学入試にはあることですが、問題の当たり外れも含めて、大逆転劇が起こりうる試験です。私も本人も不合格が続き胃が痛くなるような日々でしたが、第一志望の発表日、今は携帯で合格発表が見られます。このボタンを押せば結果がわかる、、、非常に緊張する、昔にはなかった今の時代の光景です。「先生!押してください!先生が押せば、確率が上がるような気がするので!」・・・さすがにそれは変わりません笑。そういうのは自分で押すもんだ、と告げてからすぐに彼は私の目の前で押して、「うお!!!え!?合格!?うそ!」この文章でどこまで雰囲気が伝わるかわかりませんが、とりあえず、パニック症候群です。手を震わせながら、画面を何度も拡大しようとしながら、塾で飛び跳ねては雄叫び、、、他に自習している生徒もいるので、そこまで騒ぐなと言いたいところでしたが、私自身も興奮を抑えられず、何度も何度も強く握手です。まさに大逆転劇、こんな感動を一緒に分かち合えることは本当に幸せなことだと思います。前号でもお伝えしましたが、今年の受験はコロナの影響で、およそ普通の受験とは異なる状況でした。苦しい時期も長く、何より入試がどうなるのかわからないまま不安だけが膨張していって、勉強に集中できる最高の環境ではなかったと思います。本当によく頑張ってくれました。私はいつものように冗談で「まあ8割くらいは俺のお陰だな笑」と言ったら、「9割です!!」と。人間的魅力という意味でユーモアも教育してきたつもりでしたので、こんな切り返しができるようになったことも私は嬉しさを感じていたり(笑)。このあとも、他の生徒の大学受験高校受験の結果において、同じような気持ちを味わえると信じています。
    受験は大きく成長させてくれる試練です。その結果と同等に、過程における数々の試練には価値があります。そしてそれは長い時間であればあるほど自分の中で大きな財産になります。ですから、高校受験が終わっても遊ぶ時間はあってもいいのですが、学習習慣を絶やすことなく、その先を見据えて、再出発、新たな始まりとして認識してくれることを願っています。そして新中3新高3生の皆さんは、いよいよ本格始動です。決して遅れることのないように今すぐ走り出してください。
    ベストワンでは3月の春期講習前までで年度が終了し、春期講習(4月)より新年度が始まります。突然ではありますが、わたくし岡崎は3月末で三ノ輪校学校長を退き、4月より新しい学校長に変わりますことをご報告させていただきます。改めて3月中に新しい学校長からもご挨拶をさせていただきます。4月以降につきまして、岡崎は複数の教室を管轄させていただく形となりますので、学校長ではありませんが週に2~3日程度、三ノ輪教室にはおりますので今後ともご相談などしていただければ有難く存じます。これまでご贔屓下さいまして誠にありがとうございました。至らぬ点も多々あったかと思いますが、生徒の皆さん、保護者の皆様に支えていただいたお陰で、三ノ輪教室で学校長を務めることができました。感謝しかありません。心より御礼申し上げます。
    学校長 岡崎 吉博

  • 学校長VOICE to February in 2021

    ◎ 未来の担い手、人の形をした希望の光・・。

    初めての「大学入学共通テスト」が実施されました。これまでのセンター試験から劇的に変わる、、予定でしたが、当初の目論見である記述問題も暗礁に乗り上げ、大きな変化といえば英語の配点がリーディング200点リスニング50点→リーディング100点リスニング100点、になったことくらいでした。これではほとんどセンター試験と変わらないと思って迎えたのが正直な気持ちです。おそらく多くの予備校関係者もそう思っていたことでしょう。しかし、いざ蓋を開けてみると、やはり数学の問題にしても性質がかなり変わっていました。グラフやデータからの読み取りが多くなったり、何より量が増えた、そんな印象です。数字に向き合う前段階で文章読解力が必要になる問題で、終わらなかった生徒が続出した模様です。英語に関しても、やはり文章の語数が増えました。もともとセンター試験もスピードが重要なテストではありましたが、以前にも増してかなりのスピードで解かなければ終わらない分量になったと感じます。ただし難易度が上がったというわけではなく、変化があまりなかった国語も含めて、英数国は難易度も例年並みだったと思います。国語は小説が若干難しかったようで、小説が苦手な生徒にとっては厳しかったかもしれません。
    1月22日共通テスト平均点(中間発表)が公開され、英語は配点が変わったので平均点の前年比較は難しいですが、結果的に英数国については、平均点は昨年とほぼ同じとなりました。公民と理科②については、科目による平均点差が大きくなったため、得点調整が行われます。
    今年度の高校3年生は、高校入学時から、自分たちの代で入試が変わると言われ、記述対策などを散々やってきて、受験生になるタイミングでそれも中止になり、英語の外部検定も国公立大学に利用されるはずがいつの間にかなくなり、、挙句の果てに、受験学年のスタートはコロナで休校。授業時間も減り、感染拡大で入試もどうなるかわからない状態で、それでも歯を食いしばって受験勉強を続けてきました。学校行事もことごとく中止になりました。およそ通常の高校生活とは程遠いものを経験しています。誰が悪いとかではありませんが、少なくとも、大人たちはそれを最大限に配慮した決定や対応をするべきだと思います。彼らはこれからの日本を担う希望の光です。灯火が消えることのないように、風除けを積極的に作り出し守ってあげる必要があります。そうすれば、彼らはこんな未曾有の青春時代を経験したわけですから、どの世代よりもたくましく、力強い世代になってくれることでしょう。本当に、決して誇張ではなく、それが成し遂げられる国であってほしいと願っています。
    来年度から中学生の学習指導要領が変わり、教科書も激変します。数年前から声高に叫ばれていた大きな変化がとうとう訪れます。学校現場での混乱は必至です。特に英語、これは今までの中学生英語を完全に塗り替えるものです。変化内容は様々ですが、簡単に言うと、小学生で600語程度の英単語を習得した前提で、中学1年生内容が始まります。中学全体では、1300語程度だった単語量が、2200語程度、つまり1000語増えるということです。これがどれほど凄まじいことなのか、、上手く例えたいのですが、思いつかないほどの増加です(^_^;)さらには、どこまで実際にできるかはわかりませんが、4技能を重視する傾向から、原則、英語で授業をするということです。この激変がどうなるのか、たとえどのような状態になったとしても、想定される学校の混乱を踏まえて、ベストワン含めた全ての学習塾は生徒たちの学習を全力でサポートしなければなりません。
    学校長 岡崎 吉博

  • 現在、ECCベストワン三ノ輪校公式ツイッターにて、
    先生たちの子供のころの写真特集実施中です!
    アンケート形式で、誰先生なのか当ててください!笑

    どんどん投稿していきますので
    可愛いと思ったらいいねをお願いしますね(^_^)v

  • 今日から11月定期テストに向けて、イベントを実施します。

    題して
    「中島先生からの挑戦状」(笑)

    数学理科の講師である中島先生が生徒の皆さんに、
    テスト範囲になる英数プリント冊子をお配りします。
    その課題をやって先生から終了印をもらってください。
    見事すべての課題をクリアした人には、豪華景品が当たる宝くじをゲットできるとのことです!
    詳細は、教室ポスターまたはツイッターをご覧ください!

  • 急に寒くなってきました。
    ということはつまり、受験シーズンが近づいているということです。

    今年は特殊な社会状況ですが、
    それでも学びは続きます。受験もやってきます。

    三ノ輪校は現在、かつてないほどのスタッフ布陣で動きまくってます。
    教務部が入試を徹底分析し各講師にレクチャー、
    総務部が教室の掲示を工夫して華やかに、
    企画部が定期テストごとにたくさん自習してもらえるイベントを。

    それぞれの部門で、生徒の皆さんにできる最高のサービスを検討し、実践しています。

    こんな個別指導塾、他にはありません、絶対に。
    そう断言できるほど、、
    今の三ノ輪校は地域の皆さんに見に来ていただきたいと思います。
    学校長の岡崎がすべて説明させていただきます。
    他塾や教育関係者の方にもご説明しますので、
    いつでもご連絡ください。

  • 8月に入りました。
    夏期講習期間も、ベストワン三ノ輪校はイベント盛りだくさん!
    ①日本一周旅行
    →ご当地クイズに答えて、すごろく形式で進んでいきます!
     授業または自習に来たときにクイズをして、ポイント地点で
     ご当地のお菓子がもらえますのでどんどん進んでいきましょう!
    ②ビンゴ大会
    →毎日数字を1つずつ掲示していきます。
     なんと塾に来るたびに穴があけられるビンゴ大会!
     もはや運だけの勝負です!笑
     3ビンゴの生徒には豪華景品プレゼント!!
     しかしその確率は0.005%ということです(数学の先生いわく)。

    楽しいイベントをやりながら、勉強を全力でサポートしていきます!

  • 現在定期テスト対策実施中です!
    今回のテスト対策では、オンライン自習室を使ったイベントを実施!

    題して「あつまれzoomの森!」
    質問対応などもしながら生徒の皆さんに少しでも自習をしてもらおうという先生たちのアイデアです!(^_^)v
    たくさん自習すると景品がもらえちゃうみたいですよ!!

  • 現在、オンライン個別授業を実施しております!

    学校が休校になった今、学習サポートを徹底的に致します。

    そして、始められていない新しいカリキュラムをこなすことも大切ですし、大変ですが、実は、この数ヶ月間でこれまで蓄積してきた知識などが抜けていくことに最大限の配慮をしなければなりません。
    生徒さん自身、自覚がなかなか持てないものですが、この2ヶ月3ヶ月で少しずつ抜けていくことは、人間という生物である以上当然のことなのです。ですので、この5月は、学校が始まるまでは、徹底した前学年の復習をお勧めします!新しい学年のカリキュラムよりも、そこが肝です。
    さらに新しいものを学ぶのは画一的に可能ですが、抜けていったものを補うのは、人それぞれ違います。それを探して穴埋め作業をすることが必要になります。何卒、保護者の方から背中を押していただき、復習する機会をお子様にご提供いただければと思います。

  • 生徒・保護者の皆様へ

    緊急事態宣言に伴う休校措置のお知らせ


    拝啓 陽春の候 生徒・保護者の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素はECCベストワン三ノ輪校にお通いいただきまして、誠にありがとうございます。
    政府の方針として緊急事態宣言が出されることになりました。政府および東京都の方針に従い以下の対応をとらせていただきますのでお知らせいたします。

    敬具


    (1)4月8日(水)より新学期の通常授業が開始される予定でしたが、
    当面の期間、休校措置を取らせていただきます。
      

    ・緊急事態宣言は今のところ5月6日(水)までの期間とされております。
     ですので、5月7日(木)より授業を再開させていただく予定です。
     通塾の日程および時間割につきましては、再開日が近づいた際に、再度個別にご連絡させていただきます。
    休校期間の学習進捗などについて、定期的にお電話にて生徒さんとお話させていただければと考えております。ご協力のほど宜しくお願い致します。

    また、自宅学習の際に、質問などに対応できるよう、学習サポートしていくことも検討中です。授業とは別の無償学習支援として保護者様および生徒さんの不安を少しでも解消させていただければと思っております。


    ※今後、状況の変化により再開時期などを変更させていただく可能性がございます。個別にご連絡をさせていただきますので、何卒ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

  • 生徒・保護者の皆様へ
    2020年3月吉日


    新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応のお知らせ

    拝啓 向春の候 生徒・保護者の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素はECCベストワン三ノ輪校にお通いいただきまして、誠にありがとうございます。
    さて、3月26日現在、政府・文部科学省および学校管轄機関である東京都からも不要不急の外出自粛の要請が出されました。今後、感染者の爆発的増加により外出禁止令または都市封鎖いわゆるロックダウンの措置が取られる可能性もございます。そのような事態になった場合は、当校も子供たちの教育に携わる機関として、政府の方針に従い以下の対応をとらせていただきますのでお知らせいたします。



    (1)ECCベストワンは個別指導であり集団密集となりにくいため、現段階においては通常通りの授業を実施致します。ただし、以下の対応を取りながらの実施となります。

    ①講師および生徒さんは入室時に手のアルコール消毒をしていただきます
    ②講師はマスク着用および頻繁に手洗いうがいを実施します
    ③休み時間毎に教室内を換気します
    ④講習期間中の授業は、コマを分散させてその時間に最小限の人数で組んでおります

    (2)外出禁止令またはロックダウン(都市封鎖)が発表された場合

    発表日の翌日より、予定していたすべての講習授業および振替授業につきましては、休校措置を取らせていただきます。すべての授業において期限を設けず、解除されたのちに振替授業をさせていただきます。振替日程は調整次第、改めてご提案させていただきます。


    ・いち教育者の懸念として、3月からの長い学校休校期間も含めて、生徒の皆さんの学習量の減少およびこれまで学んできた知識を忘れていってしまうことが心配です。
     現在はなるべく宿題や課題の量を増やすことで対応しておりますが、もし上記(2)の休校となった場合には、自宅学習の課題を改めて個別に提案させていただき、お電話やLINEなどで確認チェックすることなど、努めてまいりたいと考えております。


    ※緊急対応の際に、個別にご連絡をさせていただくことが難しい場合もございますので、あらかじめ、上記対応をさせていただきますことをご確認下さいますようお願い申し上げます。

  • 大学入試結果(三ノ輪校のみ)※3月10日時点です
    高校受験に続き、高校3年生もすばらしい結果を出してくれました!
    合格おめでとうございます!!

    ・国立
    東京学芸大学教育学部

    ・私立
    早稲田大学法学部
    早稲田大学教育学部
    上智大学文学部
    上智大学法学部
    明治大学政治経済学部
    中央大学法学部
    法政大学法学部
    日本経済大学経済学部

  • 都立高校入試合格発表!!
    今年も中学3年生は頑張りました!
    都立上野高校 Mくん
    都立本所高校 Uさん
    都立江北高校 Kさん
    都立墨田川高校 Sくん
    都立王子総合高校 Yくん
    都立産業技術高等専門学校 Fくん
    都立小岩高校 Uさん

    合格おめでとうございます!!

  • 2月に入り、私立大学入試が始まりました。
    高校入試も、私立入試が始まります。
    都立入試もあと2週間ちょっと、、、いよいよ大詰めです。

    受験学年以外も、学年末テストが2月末に実施されます。
    この2月は、本当に正念場の1ヶ月です。
    それぞれの立場でそれぞれの目標があるでしょう。
    生徒の皆さん、全力でいきましょう。
    私たちはそれを全力で支えたいと思います。

  • あけましておめでとうございます!
    本年も宜しくお願いします。

    1月3日、正月ではありますが、
    受験生にとっては関係ありません!笑

    本日は受験生対象の正月集中特訓!
    科目や単元を絞り、徹底的に苦手克服する講座です!
    生徒の皆さんはわんこそばのように演習をスピード感を持って
    取り組み、間違えた問題をその場で先生に教えてもらっては
    また次の問題に取り組む。。。その連続です(^_^)v

    つらいとは思いますが、入試はすぐ迫っています!!
    気合を入れていきましょう!

    2020年が皆さんにとって素晴らしい年になりますように!

  • 12月に入り、今年もあとわずかですね。

    ただいま冬期講習のお申し込みを受付しております!
    座席数に限りがあるため、お早めにお申し込みください。

    入試直前の最後の追い込み、気合入れて頑張りましょう!
    また、他学年も3学期の飛躍を占う大事な期間です。
    1,2学期の復習と3学期の予習を集中的に勉強します!

    2020年を充実した年にするため、
    年末年始もやるべきことをやりましょう!

  • お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    10月12日(土)は
    台風接近で、天候大荒れの予想が出ておりますので、
    授業はすべて振替とさせていただき、休校と致します。

    14日(祝)は通常通り授業を実施致します。

  • 10月に入りました!
    中間テストも佳境です。
    学校のワーク、教科書、過去問などぬかりなく
    計画を立てて進めましょう。
    テスト前に不安な科目の対策授業を受講することができます。
    テスト前は申込者も多く、空き状況も少なくなりますので、
    お早めにお申し込みください!!

    10月はハロウィンですね!(*^_^*)
    ハロウィンイベント、今年もやります!!
    内容はまだ内緒です(^^)v
    が、カボチャがどうのこうの・・・という情報はあります!(笑)
    近日発表!楽しみにしてください!!!

  • 2学期が始まりました。!
    中学生は意外と早く定期テストがあることをご存知でしょうか。
    9月の終わりには多くの学校が中間テストです。
    夏休みに頑張った成果をここで出してください!
    塾では、テスト対策イベントをやります!!

    今回は
    「過去問祭り」

    塾に保管されてある各学校の過去問を教室内で解いていきます。
    1つ解くごとにスタンプがもらえるスタンプラリー形式!!
    貯まるたびに、アイスがもらえます!!

    講師スタッフたちが話し合って決めたようで、
    学校長の私もよく色んなことを思いつくなあと感心しております笑

    イベント副タイトルは
    「三ノ輪校の夏はまだ終わらない・・・」
    だそうです(^^)v

    生徒の皆さん、どんどん自習に来てください!
    もちろんいつもの自習ポイントもついちゃいます!!!

  • 夏季休業のお知らせ
    8月11日~18日まで、休校となります。
    御用の方は19日以降にお願い致します。

  • 本日より夏期講習が始まりました!
    各学年の生徒さんが有意義で充実した夏になりますように
    講師一同、全力でサポートします!
    ですので、皆さんも全力で頑張ってくださいね!

    にしても、、まだ肌寒いですね(^_^;)
    あまり夏という実感がない、、今日この頃です…。

  • 6月は自習ご褒美大会を実施します!
    期末テスト前にたくさんの生徒さんに自習してもらって、
    各学年の自習時間をクリアしたらくじを引くことができます!
    そのくじ次第で、お菓子やジュースやアイスなどがもらえちゃうというすばらしいイベントです!大当たりはクオカードやスタバカードなども入っているらしい!?
    生徒の皆さん、どんどん自習に来てくださいね!

  • 6月から期末テスト対策が始まります!
    中間テストが終わってまだ間もないですが、、、
    だからこそ油断してしまいがちです。
    教科数も多くなりますので、早めの準備をしましょう!

    通塾をご検討されている方は、まずはテスト対策からご通塾いただくくことをお勧めしています。学校の復習事項ですので、内容的にも学びやすいからです。テスト3週間前にご連絡ください。テスト前2週間を使って対策授業を受講していただけます!

  • 毎年恒例のBBQイベント開催しました!!
    千葉県清水公園まで出向き、アスレチックにBBQ!

    今年は何人の生徒が水に落ちたのでしょう・・・(^_^)v

  • 都立高校入試合格発表速報!
    三ノ輪校では、なんと、今年、全員合格しました!
    高校受験で第一志望合格率100%!!!!!
    あまりにも嬉しすぎて泣きそうです(ToT)/~~~

    先生たちと共に頑張ってきた成果が出て、本当に最高の結果!
    色々な不安もありましたが、
    やってきたことが、間違えてなかったのだと、、、実感させてくれた生徒の皆さん、ありがとうございます!
    そして、本当におめでとうございます!!!
    高校での皆さんの活躍も期待しています。

  • 都立入試直前、学年末テスト直前、、
    どの学年も緊迫したムードになってきました!
    最高の結果を求めて、最後まであきらめずに走りぬきましょう!

    そして中2生、高2生の皆さん。
    今回の定期テストが終わったら、いよいよ君たちの番です。
    走り出すタイミングを間違えないように(^_^)v

  • 受験直前!!
    中学3年生も高校3年生も、いよいよ追い込みの時期です!
    ラストスパートで合格を勝ち取りましょう!

    中1生中2生も、学年末テストまであと1ヶ月!
    新学年に向けて、しっかりと準備をして自己ベストを更新しましょう!

  • 11月MVP発表!!
    中3 隅田翔樹くん
    おめでとうございます!!

    月間優秀賞2名 
    ・中2松永諒くん ・中1松川涼香さん
    その他、各先生の「11月の推しメン」が教室内に掲示されています!ご覧ください!

  • 10月のMVP発表!!
    中2 飯島 百合子さん

    月間優秀賞2名!
    ・中2折山大輔くん  ・中3田代明里さん

    おめでとうございます!!
    教室内に写真付で掲示しています!

  • 10月より月間MVP制度を導入します!
    授業時の頑張りや、自習時間など、先生たちからの推薦で選出し、
    表彰致します!受賞者には、賞状および図書カードを贈呈します!
    さらに教室内にも掲示発表します!
    生徒の皆さん、どんどんアピールしてください!
    みんなで切磋琢磨して、自分を高めていきましょう!

  • 7/28(土)納涼祭!!

    毎年恒例の納涼祭!今年は台風の影響で危ぶまれましたが、
    なんとか実施できました!!
    先生たちが浴衣を着て、射的に輪投げにお絵かきゲーム、
    その景品として、たこ焼き券やチョコバナナ券、カキ氷券などがもらえて交換できるというシステムです!!
    来てくれた生徒さん、ありがとうございました!
    まだまだ夏は始まったばかりですが、8月の1ヶ月間、一生懸命頑張って乗り越えましょうね!

  • 本日より夏期講習の申し込みが開始されました!
    各学年とも、充実した夏休みを過ごしていただくためのカリキュラムをご用意しています。夏休み明けに大きな飛躍をしたい方、お早めにお申し込みください!座席数に限りがあるため、定員になり次第締め切らせていただきます。

  • 6月末に期末テストがあります!
    中学生高校生の皆さん、しっかり準備をして自己ベストを目指しましょう!期末は科目数も多くなります。今から計画を立てて学習することが大切です。学習計画については、個別にアドバイスしております!どんどん自習に来てどんどん質問してくださいね!

  • GW休校期間について
    4月29日(日)~5月6日(日)はGW休校となります。
    教室開放はございませんのでご注意ください。

    お急ぎのお問い合わせまたはご相談につきましては、
    メールにて承りますので、お送りください。
    bestone@5sci.com

  • 2月3月は新年度キャンペーン実施中です!
    1年間でこの2ヶ月間のみ、入学金が無料となります。ぜひこのタイミングでのご通塾をご検討ください。
    1年間を通してカリキュラムや進度の面においても、お子様の学習がスムーズに進むという意味でも、また、ご希望の時間割に組み込むことができるのもこの時期です。
    おかげさまで毎年秋くらいには定員がほぼ埋まり、今年度におきましても、年度変わりまでご通塾をお待ちいただいている生徒さんもいらっしゃいます。来年度も大変恐縮ですが、定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。塾に通われるタイミングとして、ぜひこの新年度をお考えください!!お待ちしております!

  • 11月に入りました!
    期末テスト対策生募集中です!
    冬期講習の申し込みも開始されました。
    今年度は定員も間近です。お早めにお申し込みください!

  • 中間テスト対策実施中!
    2学期の中間テスト対策を実施中です!
    各学校の範囲に絞り、徹底的に反復します!
    通常授業で履修していない科目も、テスト前だけ対策授業を
    受講することもできます!自己ベストを目指す生徒さんを
    とことん応援します!

  • 10月29日(日)にBBQ大会実施します!
    昨年も実施しましたが、大好評でしたので、今年もやります!
    場所は千葉県野田市の清水公園!
    BBQだけでなく、水上アスレチックなど遊び倒しましょう!
    通塾生だけでなく、そのお友達の参加もOKです!
    詳しくは教室までお問い合わせください!

  • 7月29日(土)ベストワン三ノ輪校イベント!
    「納涼祭」
    隅田川の花火大会の日、昼に実施しました!
    塾の中でなんと縁日気分で屋台が開店!
    たこやき、わたあめ、カキ氷、チョコフォンデュ、射的に輪投げ、
    先生達は浴衣を着て生徒さんをお出迎え!
    自分たちでわたあめ機を使ったりカキ氷機を使って作って食べました!射的は特に大盛り上がり!楽しかったですね!!

  • 5月のECC本部研修会にて、
    三ノ輪校が前年度の優良校として表彰されました!

    全国に数多くあるECCベストワンの中で、
    三ノ輪校は見事3位(銅賞)をいただきました!
    関東ではなんと1位です!自慢です!

    これもひとえに優秀な講師がたくさんいてくれるおかげです。
    この場を借りて感謝を申し上げます(^_^)v
    今年度は、全国で銀賞以上を目指して精進致します!!

  • 新学年が始まりました!5月には最初の中間テストがあります。
    ベストワン三ノ輪校では、定期テストのために学校毎の過去問を徹底的に分析して、傾向を把握して対策授業を行います!大きな点数アップにはこういった秘訣があるのです。ぜひお試しください。テスト前の対策授業だけでも受講することができます。お問い合わせ下さい!

  • 3月18日(土)17時半より
    小6生中3生対象の卒業イベントを実施しました!
    教室にて、たこ焼きパーティー!!
    おしゃべりしながら、お菓子を食べながら、
    何が入っているかわからないロシアンたこ焼きで大盛り上がりでした。新中学1年生、新高校1年生として、新しい環境でまた精一杯頑張って下さいね!先生たちも応援しています!!

  • 3月12日(日)合同研修会実施!
    ベストワン三ノ輪校、大宮西口校、南行徳駅前校合同で
    講師研修会を実施致しました!
    英語・数学の教務研修、模擬授業など、しっかり先生達も勉強しています!日々の授業の指導力を上げるために、猛特訓しています!

  • 2月3月は新年度キャンペーン実施中です!
    今年度は、おかげさまで定員に達し、新年度まで入塾をお待ちいただく生徒さんもいらっしゃいました。この春、学年更新の時期により募集を再開させていただきます。ぜひお早めにお問い合わせ下さい!
    キャンペーンは入塾金無料です。1年でこの時期だけの特典ですので、お見逃しなく!!

  • 12/17(土)クリスマス会開催!
    毎年恒例のクリスマス会を実施しました!
    今回はキャンドルを作ろう!
    ということで、みんなで飾り付けを頑張りました!
    お菓子を食べたり、お絵かきゲームををして楽しい時間を過ごせましたね!!(*^_^*)

  • 12月17日(土)クリスマス会開催!
    13時~15時
    毎年恒例のクリスマス会を実施します!
    今年はみんなでキャンドルを作成する予定です。
    その他、お菓子を食べながらゲームをしたり、
    楽しい時間が過ごせます!塾生だけでなく、お友達の参加もOK!
    参加費も無料ですので、ぜひお越し下さい!

  • 冬期講習生募集中!
    12月22日より冬期講習が始まります。
    これまでの学習内容の復習、受験に向けた応用レベルの学習、
    それぞれの目的に合ったカリキュラムを作成し、学ぶことができます。
    新学年に向けて、今が始める時期です!
    一緒に頑張りましょう!

  • 期末テスト対策が迫っています!
    今からテストでなんとかしたい方、ぜひお問い合わせ下さい!
    テスト前に集中講座で得点アップできます!

  • 10月2日(日)講師研修会実施!
    ECC新宿東京本部にて、講師研修会が実施されました。
    各講師が指導方法についてディスカッションをし、発表をしました。
    先生達も日々授業の質を上げるため頑張っています!

  • 9/20(火)の授業について
    本日の授業は台風のため19時以降の授業を中止し、別日に振替とさせていただきます。

  • 9月18日(日)にBBQ大会を実施します!
    千葉県の清水公園にて水上アスレチックやBBQです!
    思いっきり遊びまくります!外部生お友達の参加もOKです!
    みんなで楽しみましょう~!!

  • 8月30日(火)~9月2日(金)は休校となります。
    9月3日(土)より新学期授業が開始です!
    この夏で学習した内容を2学期のテストで発揮しましょう!!
    2学期からの通塾をご検討の方は、残りの席も僅かになっておりますので、お早めにお問い合わせ下さい。

  • 本日は台風9号の影響により、10:30から全ての授業を休講にいたします。本日分は振替授業をさせていただきます。振替授業の日時は後日ご連絡いたします。

  • ☆お盆休暇について☆
    8月11日(祝)~8月15日(月)まで、お盆休み休暇となります。
    16日(火)より夏期講習後半戦が始まります。

  • 7/30(土)納涼祭!!
    隅田川花火大会の日は毎年恒例の納涼祭です!
    先生達も浴衣姿で授業を行い、午後に授業がある生徒には、
    うちわやお菓子などをプレゼントしました!
    新鮮な感じで、授業も盛り上がりました!

  • 明日から夏期講習が始まります!
    それぞれの目標に向かって確実にレベルアップできるようにサポートしていきますので、アツい夏にしましょう!
    講習開始後も無料体験授業を実施しております。
    残席わずかとなっておりますので、お早めにお問い合わせ下さい!

  • 7月10日(日)に三郷駅前校にて
    合同講師研修会が行われました。
    三ノ輪校の他に三郷駅前校、浦和美園校、川口校、
    八潮駅前校、草加松原校、大宮西口校、サクラディア校が
    参加し、学ぶことの多い会でした。
    今後もより良い授業を提供するために精進してまいります。

  • 7月22日より夏期講習が始まります!
    お申し込み受付中!!
    復習の夏、予習の夏、受験の夏、それぞれの目的に合わせて、
    充実した夏休みにしよう!!
    座席数に限りがございます。お早めにお申し込み下さい。

  • 夏期講習 受付開始!
    7月22日(金)から約1ヶ月半に渡り、
    夏期講習を実施致します。
    前学年の復習、受験の基礎固め、苦手科目の克服など、
    夏休みだからこそじっくりできることがあります。
    ECCベストワン三ノ輪校は目的に合った学習をご提供致します。
    座席数が限られていますので、お早めにお申し込み下さい。

  • 5月8日(日)に新宿のECC東京本部にて、
    講師研修会が行われました。
    三ノ輪校から藤田講師と山田講師が全体で発表を行い、
    さらに優秀講師賞を受賞しました!
    日々質の高い良い授業を行うために、先生達も勉強しています!!

  • 4/29(祝)~5/5(木)までGW休暇のため、
    授業はお休みとなります。
    5/6(金)より授業を再開致します。

  • 定期テスト対策講座実施中!
    各学年の最初のテスト・・言うまでもなく、今後を占う大事なテストです。このテストで良いスタートをきりましょう!
    今からでも間に合います!
    対策講座生募集中!
    苦手・不安科目をテスト前に集中的に特訓することができます。
    詳しくはお問い合わせください。

三ノ輪校 の指導方針

教室風景

■コロナ感染症への対策

 新型コロナウィルス感染症対応として次のとおり対策を講じて教室での授業を行っております。

 □授業概要
  個別指導(1:1もしくは1:2)による授業

 □感染症への対策内容
  ・教室内の常時換気
  ・毎日机アルコール消毒
  ・椅子、ドアノブの定期的な消毒
  ・講師のマスク着用、教室入り口にアルコール消毒液常備
  ・授業ブースのパーテーション設置

 □教室では次の事項をお願いしております。
  ・入退出時のアルコール消毒(入口に設置)
  ・マスクの着用
    
 □次の場合は、来校をお控え下さい。
  ・咳が出る、または風邪の症状がある場合
  ・37.5以上の熱がある場合
  ・感染者と接触した可能性がある場合

オンラインと教室での対面授業をお選びいただいて受講することができます。
お問い合わせやご相談はメールまたは電話にて承っております。


ベストワン三ノ輪校の圧倒的な指導力をぜひ体感してください!!



学校のテスト対策、受験対策、検定対策など、
個別に対応致します!!ご相談ください!


☆台東区の個別指導塾ランキング第1位を獲得しました!!
(塾比較サイト【塾ナビ】口コミランキング)

☆塾をお探しの皆さんへ☆
このページをご覧いただき、ありがとうございます。ECCベストワン三ノ輪校は台東区・荒川区で1番成績を伸ばす個別指導塾を目指し、生徒・講師・学校長が一丸となって努力しているアットホームな教室です。1対2までの完全個別指導でやる気を最大限に活かす授業をご案内しています。予習型授業と相性のいい担任講師で、どんどん成績をあげて一緒にレベルアップしていこう!!

☆在籍生の皆さんへ☆
授業・自習の際はお気をつけてご来塾ください。
自習の際は、ポイントカードを忘れずに!今日も一緒にがんばりましょう!!

☆ECCベストワン三ノ輪校はこんなところ☆
ECCの個別指導塾ベストワン三ノ輪校は三ノ輪駅3番出口より徒歩1分、横断歩道を渡って正面のビル3F(1F FamilyMartさん)にあります。駅の目の前なので、学校帰りにもとても便利です。
ECC自慢の英語はもちろん、数学や理科・社会など全教科・全学年対応の完全個別指導が、とても落ち着いた環境で受講できますよ。また空いているブースは自習をするのに自由に使えます!!
レギュラー授業は完全担任制で、同じ先生が年間を通じて責任を持って指導しています。指導経験の豊富な講師達が一人ひとりに最適な学習をサポートし、効果的な授業をお届けしますのでご安心ください。
まずは一度、無料体験授業をお試しくださいね!

教室からお知らせ

6,7月は期末考査に夏期講習とイベントが盛りだくさんです!
ベストワンで一緒に夏を乗り越えましょう!

======================

どこの個別指導塾よりも、大学受験指導に自信があります。
なぜならば、学校長が予備校で長年大学受験指導(英語)に携わってきたからです。もっとも大事なのはスケジュール管理と生徒のモチベーションを上げるための頻繁な面談にあります。
近年も、早慶GMARCHなど多数の合格者を輩出しました!
大学受験を控えている高校1、2年生の皆さん、ぜひご相談ください!!

三ノ輪校は台東区・荒川区で一番成績を伸ばす個別指導塾を目指しています。
公立生も私立生もECCの個別指導塾ベストワンにお任せください。
2017年は全国のECCベストワンの中で、三ノ輪校が優良校として3位になりました!
テスト対策授業、英検対策、受験を見据えた実力養成、個別に対応しております!
コース紹介
●私立中高生…【教科書対策】
ブログレス・トレジャー等の英語教科書だけでなく体系数学や学校の副教材に完全対応します。私立校の早い進度にしっかりと対応しています。

●公立中学生…【内申・定期テスト対策】
内申点アップへのフォロー、定期テストでの得点アップに向けて指導します。

●受験生(小・中・高校生)…【入試対策】
一人ひとりの志望校・目的に応じてきめ細かく指導します。まずはお気軽にご相談ください。

●小学生…【英語対策】
中学校で得意教科になるために、基本から丁寧に指導します。単語・挨拶から英語文法までしっかりと定着させて中学に備えます。

●全学年…【短期集中対策】
いち早く結果を出したいという生徒さんへの特別対策コースです。
検定対策・テスト対策・弱点対策などご相談ください。

●新中学1年生…【早期英文法マスター対策(公立にも対応)】
私立中学にご入学が決まった方に、必要な短期集中の英語準備コースです。中学進学後も困ることのないようにしっかりと基本をしっかり定着させていきます。

●全学年…【英検対策】
英検にどうしても合格したいという方のためのコースです。それぞれの目標級に合わせた英検対策を行います。もちろん、リスニング対策、文法対策、合格した生徒さんには二次対策も実施します。

※ECCベストワン三ノ輪校は、英検準会場に指定されています。

三ノ輪校 へのアクセス

教室写真

●住所

〒110-0011台東区三ノ輪1-28-15
小川ビル3F

●最寄駅

東京メトロ 三ノ輪駅

三ノ輪駅3番出口より横断歩道を渡って正面のビルです。
1階にはコンビニのファミリーマートが入っています。

googlemapで地図を見る

QRコード

教室チラシを見る

学校長からのメッセージ

岡崎 吉博 指導教科:英語・数学・国語・理科・社会

こんにちは!
ECCベストワン三ノ輪校学校長の岡崎と申します。
ECCベストワンでは、先生1人に対して生徒2人までの個別指導を行っております。
ECCの最大の強みである英語だけでなく、数学・国語・理科・社会にすべて対応し、
中学・高校・大学受験を頑張る生徒さんを全力でサポートしております。

三ノ輪校は、生徒さんおよび保護者の方にとって「日本一上質な学習塾」を目指して、
全講師スタッフ一同が日々指導にあたっております。

2018年、全国のECCベストワンの中で、僭越ながら「年間優秀学校長賞」を頂きました!
これもひとえに、生徒の皆さんの頑張りと保護者様のご協力があってこそです!
本当に感謝しております!
また、私自身が大学受験専門の予備校にて長年英語講師をやっていましたので、どこの個別指導塾よりも大学受験には自信があります。

ぜひ一度、圧倒的な教務力を誇る三ノ輪校講師陣の体験授業を受けにいらしてください。心よりお待ちしております。

講師紹介

  • 吉川 恭生指導教科:数学・理科・社会

    企画部兼教務部担当、吉川です!

    勉強に苦手意識を持っていませんか?その苦手意識をなくすことで勉強をするのがどんどん楽しくなっていきます。
    そのためにも、分からないところや疑問点は放置せず、1つずつ一緒に解決していきましょう!!

    おとなしい性格とよく言われますが、
    実は内心メラメラ燃えています!笑

  • 藤岡 星也指導教科:英語・国語

    教務部担当、藤岡です!

    一見、ふざけているように見えますが、
    意外と真面目な性格です!(笑)
    生徒の皆さんがつまらないと思わないような授業を目指しています!

    どんなことでも助けになるのでぜひ頼ってください!
    英語の勉強はこれからもっと大事になっていきますので、
    生徒の皆さんと一緒に、将来役立つ英語を学んでいければと思っています!

  • 冨田 琴子指導教科:数学・英語

    総務部担当、冨田です!

    勉強はわからないところが理解できれば、
    さらに追求したくなってきます!
    生徒の皆さんが波に乗れるような後押しができればと思っています。

    一緒に頑張りましょう!教室でお待ちしています!!

  • 枝川 聡汰指導教科:英語・国語・社会

    総務部兼教務部担当、枝川です!

    勉強をすることに意味はあるのか?
    そんな疑問を持つ生徒さんも多いと思います。
    しかし、今皆さんの学んでいることは、今までこの世界を作ってきた偉人たちがあまたの時間をかけて生み出してきた知の結集です!
    必ずやこれからの皆さんの人生に役立つものばかりです。
    一緒に頑張っていきましょう!

  • 井橋 宙音指導教科:英語

    教務部担当、井橋です!

    中学のときに1学期間イギリスに、その後3年間カナダに留学していたので、英語には自信があります。

    ECCの個別指導ということもあって英検の対策も十分に対応できますので、ぜひ一度お越しになってください!!

  • 太田 望尋指導教科:数学・理科

    理系担当の太田です!

    数学難しいな…と思ってる生徒さんも多いと思いますが、数学はパズルです!そう考えると段々楽しくなっていきますよ!

    皆さんが数学を好きになるように、僕と一緒に1ピースずつ楽しんで埋めていきましょう!

  • 小川慶悟指導教科:英語・国語

    文系担当の小川です!

    単語を覚えたり、問題を解けるようになることも大事ですが
    それと同じぐらい大事なのは、楽しみ方を覚えることだと
    思っています。だからめいいっぱい楽しみましょう!

    僕も生徒の皆さんと授業を通じて
    勉強の楽しさを伝え、実感できるように努力します!

  • 小林 由美指導教科:数学・理科

    理系担当の小林です!

    数学は1度苦手意識を持ってしまうとなかなか手につかない教科ですが、1問でも「解けた!」「分かった!」という経験があると、モチベーションは変わってきます。
    そんな数学ならではの達成感を味わってもらえるような、分かりやすい授業を心がけています!

    ぜひ一緒に、数学の入口に立ってみませんか?教室でお会い出来るのを楽しみにしています!

  • 竹田 悠人指導教科:数学・理科

    理系担当の竹田です!

    数学は解き方の自由度が高い教科です。その中には必ず生徒のみなさんに合った手法があります。

    みなさんの得意な解き方を見つける手助けをしていくので、一緒に数学を得意にしていきましょう!!

  • 田岡 美琉指導教科:英語・国語

    文系担当の田岡です!

    勉強の問題に正解はあっても、勉強方法に一つの正解はありません。色んな方法を試しながら、自分だけのベストな学び方を見つけていきましょう!

    皆さんが正しいゴールに辿り着けるよう、全力でサポートします!一緒に学べるのを楽しみにお待ちしております(^^)

  • 吉川 藍指導教科:英語・国語

    文系を担当している吉川藍です!
    読みづらいですが、藍(あおい)先生と呼んでくださると嬉しいです!

    英語というと、単語・文法・表現など覚えることがたくさんあるイメージですが、一つ一つ取り組んでいると、気づけば英語マスターに!なんてこともあります。

    英語には不思議な言い回しなども沢山あって面白いので、一緒に楽しんで学んでいけたらと思っております♪

  • 本橋 薫指導教科:数学・理科

    理系を担当してる本橋です!

    数学・理科は1つ1つの事柄を丁寧に“理解”し、“覚える”ことが成績を上げるうえで重要になります。ですので、少しでも気になるところや、分からないところがあったらぜひ質問してください!

    うんちくも交えながら明るく、そしてフルパワーで答えます!!

生徒・保護者の声

  • テスト前イベント「過去問祭り」

    過去問を解くとアイスがもらえる、テスト前イベントが無事終了しました!さらに、過去問を多く解くほど豪華なアイスがもらえるため、みんないつも以上に一生懸命に自習をしており、楽しく勉強できていました!アイスは先生が管理していましたが、先生は食べられないため生徒達がとてもうらやましかったです(笑)

  • オリジナルポロシャツ! 三ノ輪校限定!

    開校10年目突入記念として、三ノ輪校オリジナルポロシャツを作成しました!!ベストワンコのロゴ入りでかわいらしい仕上がりです!
    先生たちが夏期の間は着用します!
                                (2018-11-12)

  • 2019年4月28日開催 清水公園BBQイベント

    複数の教室合同で毎年恒例行事となっています。
    今年は本当に良い天気に恵まれ、まさにBBQ日和でした!

    ピーマンを生で食べるのが好きっていう女の子がいて…焼かずにむしゃむしゃ食べていました(゜o゜)それBBQの意味って・・・(^_^;)

    でも最高に楽しいイベントになりました!!
    これで心置きなく、中間テストの勉強ができますね!(笑)

                                     (2019-04-28)

  • 2018年07月28日 納涼祭!!

    7/28(土)13:00~15:00 毎年恒例の納涼祭が行われました!
    各ブースで、たこ焼き、カキ氷、チョコバナナ、あんず飴など、
    いつもよりもたくさんの種類の食べ物が並びました!
    さらに、射的やお絵かきゲーム、輪投げなどのゲームも充実!!
    台風の中で行われたイベントでしたが、たくさんの生徒さんが参加してくれました!
    先生たちも浴衣姿で大はしゃぎ!!なかなか見れない光景です(*^_^*)
                                   (2018-07-28)

  • 2017年10月12日 ハロウィーン

    10月に入り、教室がハロウィーン装飾で彩られました!
    教室内に風船が浮いて、いつもとちょっと違う景色の中で勉強に励んでいます!
    10月末までの限定です。
                                 (2017-10-12)

  • 2017年7月29日(土) 納涼祭!!

    毎年恒例の夏のイベントで今年は隅田川の花火大会の日に、塾で納涼祭を開催しました!
    たこやき、わたあめ、カキ氷、チョコフォンデュ、射的、輪投げ・・。ブースを作って屋台の開店です!
    先生たちも浴衣を着て登場!いつもと違う先生達の姿に、生徒たちも驚きの表情でした!!生徒の中にも浴衣を着てきてくれた子がいました!このあと花火大会に行くから・・だそうです(^_^)v夏のお祭り気分を存分に楽しみました!

    生徒たちも屋台の人になって手伝ってくれました!自分たちでメニュー表などを作るなど、こういうアイデアを生み出す力は素晴らしいですね!将来が楽しみです!しかし・・射的が異常に上手な小学生がいました(*^。^*)どこでそんな腕前を・・(^_^;)

    射的で景品をゲット!!
    ということで先生たちもこぞってやっておりましたが、しかしなんというか、浴衣に銃を持つ姿・・・なんとも不思議というか、ある意味風情がありますね~\(^o^)/
    毎年恒例もどんどんレベルアップしています!来年もお楽しみに!!
                                 (2017-07-29)

  • 2016年12月17日 クリスマス会開催!

    12/17(土)13:00~15:00 毎年恒例のクリスマス会!
    今回はお手製のキャンドルを作りました!
    モールを使って可愛らしい形や動物などをみんなで作りました!
    また、絵を描いてお題を当てるゲームでは、みんな個性的な絵を描いてました(^_^.)当てるの大変でした!
    お菓子も食べながら楽しいひとときでしたね!

    みんな可愛いキャンドルができました!
    中にはモールを入れすぎて何がなんだかわからなくなってしまったものもありましたが・・(~_~;)
    でもみんな本当に上手でしたよ!!
                                  (2016-12-17)

  • 2016年10月22日 Halloween !!

    塾でもハロウィーン仕様にアレンジメントしました!
    教室内に浮く風船を浮かせたり、飾りつけをしたり、生徒の皆さんも興味津々(*^_^*)
    今日も楽しく学習しましょう!!

    教室にはかぼちゃの風船が何個も浮かんでいます!(^^)!
    しかしみんな・・それも気にせず勉強に没頭(~_~;)
    良いことですけどね(^_^)
                                (2016-10-22)

  • 2016年9月25日(日) 東京都立入試勉強会 

    9月25日(日)にECC新宿東京本部にて、都立入試対策勉強会が実施されました。
    入試専門家の講義を聞いて、効率の良い学習方法や対策方法などを生徒さん含め講師も一緒に学びました!
                                 (2016-09-25)

  • 2016年10月2日(日) 講師研修会実施

    10月2日(日)にECC新宿本部にて講師研修会が実施されました。
    指導方法のディスカッションおよび発表と、各講師の意見をぶつけあい議論しました!先生達も日々授業の質を高めるために努力しています!
                                  (2016-10-02)

  • 2016年9月18日(日) BBQイベント

    9月18日(日)千葉県の清水公園にてBBQイベントを実施しました!
    あいにくの雨でしたが、立体迷路で遊んでから、みんなで火をおこしたり野菜を切ったり、BBQを満喫しました(^^♪
    楽しかったですね!また次の機会をお楽しみに!!
                           (2016-09-18)

  • 2016年07月30日 納涼祭!

    隅田川花火大会の日は、塾でも納涼祭!
    先生達も浴衣姿で授業をし、生徒たちにはうちわやお菓子などをプレゼント!普段見られない光景に先生たちも生徒たちも盛り上がりました!もちろんしっかり授業では勉強しましたよ(#^.^#)

    外はお祭りですが、しっかり授業をしています!
    毎日毎日講習が続いていますが、少し夏気分を味わえたかな!?
                               (2016-07-30)

  • 2016年07月18日 お楽しみ会開催!

    夏休み前に恒例のお楽しみ会を開催しました!
    今回は「電気パンを作ろう!」
    牛乳パックを使って簡単にできるパンですが美味しいですよ!
    膨らんでくる様子を興味津々にみんな見ていました!
    お菓子を食べながらなぞなぞ大会?も最高でしたね(#^.^#)
                               (2016-07-21)

  • 2016年07月10日 合同研修会実施

    複数の校舎合同で講師研修会を実施しました。
    英数に分かれて教務研修、生徒のやる気を出させるためのグループディスカッションなど、5時間近くに及ぶ研修会で、さらに講師指導力がアップしました!
                                    (2016-07-10)

  • 2016年3月22日合格祝賀会

    中3生は先生と一緒にボーリング場へ!
    教室内とは全く違う姿が見られ、楽しかったですね~。

    ストライク!!決まりました!

    ボーリングの後は、教室に戻り、お世話になったお父さん、お母さん宛に感謝の手紙を書きました。

    お菓子を食べながら先生達と受験の苦労話などで盛り上がりました~。
    みんな、おつかれさまでした!!
                             (2016-03-22)

  • 小4 Iさん保護者さま

    子供の学習進度に合わせたきめ細かい授業をしていただいて本当によかったと思います。
    先生方が優しく丁寧に教えてくださるので、毎回疑問点をすべて解消でき、次回へのやる気につながると子供も申しています。
                                                         (2014-11-29)

  • 中1 Nくん保護者さま

    私立中学に入学して、進度のはやい授業についていけず、自宅学習方法もわからずでしたが、ECCベストワン三ノ輪校に通うようになり、やる気がUP!!
    効果がよくわかりました。
                                                         (2014-11-29)

  • 中1 Kさん保護者さま

    個別指導なので、子供に合った勉強の進み方や指導をしてくれ、また先生との距離もとても近くに感じられ、相談もしやすいところだと思います。
                                                         (2014-11-29)

  • 小5 Kさん保護者さま

    学校での勉強で苦手なところをそのままにするのではなく、きちんと納得してわかるまで子供に教えていただけるので、自信を持てるようになったのがよかったです。
                                                         (2014-11-29)

  • 小4 Nくん保護者さま

    入塾からもう少しで1年が経ちます。
    夏休み以降、自分から進んで塾に足を運び自習するようになりました。本人にとって変化の一歩だと思っております。
    今後ともよろしくお願いいたします。
                                                         (2014-11-29)

  • 中1 Iさん保護者さま 

    計画的に勉強に取り組むようになり、成績があがった点がよかったと思っています。
                                                         (2014-11-29)

  • 中2 Yくん保護者さま

    苦手だった英語の成績が上がり、自信が持てるようになったことが本当に嬉しかったです。
    先生方のご指導、心より感謝しています。
    ありがとうございます。
                                                         (2014-11-29)

  • 公立中2 Tくん保護者様

    勉強についての悩みや塾での様子など丁寧に話をしてくださり、子どものちょっとした変化も感じ取ってくれていたので、生活面での悩みも相談しやすかったです。
    テストの点数も順調に上がってきているので、このまま良い方向になってくれると嬉しいです。
    テスト前の勉強会では数学だけでなく、他の科目も指導してくださり、とても助かっています。
                                                         (2013-05-29)

  • 私立中3 Sさん保護者様

    中学受験のために通っていた塾では叱咤激励型だったので、褒めてもらえるというのがとても嬉しいようです。
    振替授業に対応していただいてありがとうございます。少し嫌になりかけた英語・数学だったのですが、おかげさまでなんとか持ちこたえている感じです。
    自習をしたいようですが、ひとりで残っていると恥ずかしいと言っているので、先生からも助言をいただけるとありがたいです。
                                                         (2013-05-29)

  • 都立高1 Sくん保護者様

    丁寧にみていただいていて、国語力が伸びたと感じています。また担当の先生とのコミュニケーションができていて、通わせてよかったと思います。
                                                         (2013-05-29)

  • 公立小6 Kさん保護者様

    算数で手を上げることが多くなりました。自分に甘いため、担当の先生は少し優しすぎるかなと思うときがあるので、厳しく指導してほしいです。宿題も、もっと多く出してもらってもいいと思います。
    ただ、とても楽しく学べているので、それだけで感謝しています。
                                                         (2013-05-29)

  • 公立小3 Iさん保護者様

    わからないことをその場ですぐに教えていただける上、間違いにもすぐに気づいて指導していただけるので、以前通っていた10人ほどのクラス授業の塾よりもストレスがなく毎回通うのに抵抗がないようです。
    基礎をしっかり学習させていただけるので、前塾より親子ともに安心しております。
    また、先生のお人柄が誠実で親切な点についてもとても満足しております。
                                                         (2013-05-29)

  • 公立中3 Yさん保護者様

    毎回電車で通っているにも関わらず、大変楽しそうに通っています。自宅では塾の宿題を一生懸命やっています。個別なので、本人はすごくわかりやすいと満足しているようです。また担当してくださっているふたりの先生のことも大好きです。
    1対2までの個別指導で、自習も自由にできる点がとてもよいと思います。また、駅前にあるので、保護者としては安心です。母娘ともとても満足しています。
                                                         (2013-05-29)

  • 私立高2 Oくん保護者様

    根気よく教えてくれているので、とても満足しています。塾へ行っているおかげで英検にも意欲がわいてきたようで、全教科で英語の成績が一番よいです。欠席をしてもその後のフォローがあり、ECCベストワンにお願いしてよかったと思っています。
                                                         (2013-05-29)

  • 公立小6 Kさん保護者様

    ECCベストワンの授業がある日はとても楽しみにしているようです。帰ってくるとすぐに報告書を見せてくれたり、大切な公式や勉強した内容をノートにまとめたりと、勉強に対して前向きになってきた感じがしています。
    また、勉強だけでなく季節のイベントもあってお友だちとも楽しく参加しているので教室の雰囲気がいいのがよく伝わってきます。
                                                         (2013-05-29)

  • 公立中2 Aくん

    テスト前も、塾にお願いしている英語と数学に関しては焦ることなく取り組めています。塾での自習として学校の宿題をやったり、予習復習をすることができたりと、とても助かっています。
                                                         (2013-05-29)

  • 公立小3 Nさん保護者様

    学校の個人面談の時、先生から算数の成績が前より良くなったと言われました。
    楽しそうに通ってくれているので、安心してお願いできます。
                                                         (2013-05-29)

  • 都立高3 Yくん保護者さま

    今まで行きたがらなかった塾に通っているということは、講師の方の指導が本人に合っているのかと思います。
    個別指導報告書を見て、学習態度や宿題の項目にAや丸がついていて安心しました。連絡欄が非常にわかりやすく、大変よかったです。
    今は親に行かされている塾ですが、本人がもっと学びたいと積極的に通ってくれたらと願っています。
                                                         (2013-05-28)

  • 私立高1 Kくん保護者様

    入塾してあまりたたないですが、よく指導していただいていると思っています。もっと早くこちらの塾に通っていたらと思うほどです。
    これからも勉強の仕方や目標を持って努力することなど、たくさんのことを教えていただきたいと思っております。
    よろしくお願い致します。
                                                         (2013-05-28)

  • 東浅草小5年 Yくん保護者様

    4年生から算数でつまずいてしまい、苦手意識を持っていました。
    5年の4月に入塾してからは、学校の授業も理解し成績も上がりました。今では苦手意識もなくなり、学校の授業内容も理解でき自信がついたようです。この間の単元テストでは100点だったと得意げに話してくれました。
    また、家庭学習の際も集中して取り組む様になりました。
    これも学校長の猪瀬先生をはじめ、担当して下さっている先生方のご指導のおかげだと思います。これからもよろしくお願い致します。
                                                         (2012-12-13)

  • 区立H中学3年 Tさん

    英語の基礎がよくわかるようになりました!
    初めはぜんぜんできていなかったけれど、今では応用問題もできるようになりました。模試で偏差値が60以上、学校の定期テストで90点以上とれるようになりました!!
                                                         (2011-12-13)

  • 都立高3年 Fくん保護者様

    まず、先生方のサポートと自習室の利用で学習意欲が上がりました。授業では、英・数両科目をよく指導していただきました。特に数学ではかなり成績が上がりました。小論文の指導までしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
                                                         (2011-12-13)

  • 公立小6年 Cくん保護者様

    大変理解しやすく指導していただいているといっております。年々自宅での学習時間が増え、ここ最近は親が驚くくらいになりました。
                                                         (2011-12-13)

  • 私立高1年 Eくん保護者様

    子供が先生を気に入っているので、担当の先生に満足しています。三ノ輪校の先生のお話は聞き入れている様子で、通わせてよかったなぁと思います。また、学習の様子を毎回指導報告書を通じて知らせていただける点もいいと思います。
                                                         (2011-12-13)

  • 公立中3年 Dくん保護者様

    確実に基礎学力はついてきていると思います。テスト前などに集中的に授業が受けられるので、とても助かっています。担当の先生にはとても細かくみていただいていると思います。また、個別指導報告書では詳しく学習態度等記入されているので、塾の様子がわかって良いと思います。
                                                         (2011-12-13)

  • 都立高3年 Bさん

    ベストワンの先生方には本当にお世話になりました。
    私は一般推薦で受験したのですが、試験の内容に時事に関する小論文がありました。もともと私は小論文を書くのが苦手だったので、自信がありませんでした。しかし、先生に基礎から丁寧に教えてもらったり、漢字間違いや表現の仕方など細かいところまで添削してもらったり、たくさんの対策をしていただきました。そのおかげで本番は落ち着いて小論文を書くことができました。
    また、センター試験に向けて英語も対策していたのですが、不得意だった文法も分野ごとに分けて丁寧に教えてもらい、今では前に比べてかなり力がついたと思います。
    私の第一志望大学合格は先生方の力なしでは絶対に実現しませんでした。本当にありがとうございます。これからも法律だけに限らず英語などの教科もがんばっていきます。
                                                         (2011-05-11)

  • 私立高 3年生 Aさん

    祝!志望大学合格!!
    三ノ輪校はいつも明るく楽しい雰囲気なので、楽しんで塾に通えたことがよかったと思います。授業はわかりやすく丁寧で、苦手分野の分析から勉強の仕方まで親身になって考えてくれました。いつでも使えるブースを自習室として頻繁に利用し、質問にもすぐに答えてくれた整った環境も魅力でした。
    授業以外でも先生達にいろいろな相談に乗ってもらったり、メリハリのある勉強姿勢が身についたことで大学受験を乗り切れたと思っています。三ノ輪校の先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました!
                                                         (2010-12-10)

コース紹介

  • 学校の成績アップと苦手教科の克服を目指す 小学校の個別指導
  • 予習型授業での内申対策と公立高校入試直前対策で志望校合格を目指す 中学生の個別指導
  • 志望大学合格から考えた「逆算型」のカリキュラムで志望校合格を目指す 高校生の個別指導
  • 外部授業に向けた対策も速い授業ペースへの対応も個々に最適な指導を実施 中高一貫校生の個別指導

特別コース

  • 5級・4級・3級 英検対策コース
  • タブレット算数コース
  • タブレット国語コース
  • 映像授業コース
  • ロボットプログラミングコース
  • すらすらマイプリントコース

スペシャルコンテンツ

  • 授業に関して
    定期テスト対策授業 ECCの受験英語攻略法
  • 大学受験対策に関して
    AO・推薦入試対策 AO入試対策 大学入試改革
  • 合格体験記/成功への秘訣
    みんなの合格体験記 成功への秘訣

資料請求はこちら

pagetop