ECCの個別指導塾ベストワンは、ECCから生まれた小学生・中学生・高校生のための個別指導の学習塾です。

上尾校アクセス

お問合せはこちら

お電話でのお問い合わせ

TEL:048-729-8242

受付時間:14:00~21:00

お問合せはこちら

お電話でのお問い合わせ

TEL:048-729-8242

受付時間:14:00~21:00

受講可能なコース

  • 小学校

    富士見小・西小・大谷小・鴨川小・上尾小・今泉小・中央小など

  • 中学校

    西中・大谷中・大石中・上尾中・南中など

  • 高校

    公立高校・私立中高一貫校など

みんなの成功例

  • 春待つ花、ひと足早く♪(K君)

    2月、如月。
    寒さが厳しくなればなるほど春を想う気持ちは強くなるものです。
    梅のつぼみがほころび始めるより早く、「花開く」一報が届きました。

    試験直前の模試では思うような結果が出ず、そこから2週間の頑張りでしっかり仕上げてきたK君。
    でも試験から帰ってきた時は、自分の思うようにできず再び落ち込んでいました。
    「大丈夫!自分を信じよう!」という教室みんなの声援が「合格」というしっかりとした形で現れました。

    あらためて「合格」おめでとう♪

  • 生徒さんに「大切」な事!

    9月の実力テスト、学年順位で60番ごぼう抜きを果たしたWさん。
    ずっと成績が伸びずにいたことに悩んでいました。夏休みの講習前にWさんと話したこと!それは「成績を上げようという目的は、そして目標は」ということについてでした。
    そして、今回の結果が出たことで「もっと」大切なこと!
    「先生!次の英検チャレンジしたいです!」ひとつの成功体験が生徒さんを大きく成長させるということでした。
    一緒に次のステップへ、さぁ行こう!

  • ひと足早い秋の収穫!

    夏期講習期間中、一日も欠かさずに演習問題に取り組み頑張ったS.Wさん!
    難関と言われている数検2級に合格との嬉しい報告がありました。
    あれほど苦手だった数学が、期末テストから上昇気流に乗り始め、夏休み最後の模試、そして数検と見事なまでに秋の収穫を誰より先に手に入れました。
    さぁみんなも一緒に頑張ろう♪

  • 梅の花咲く便り

    中学1年生の生徒さんが、三年生のお兄さんやお姉さんへの応援メッセージ!電車の細かい描写に、生徒さんのこだわりがみられます。丸い顔は、担当の講師を描いてくれたもの♪

    公立高校の前哨戦で、ひと月早く始まった私立高校の入学試験。
    この応援ボードの効力で、合格通知が続々と舞い込んでいます♪
    桜咲く前に、初春の嬉しい便りとして「梅が咲く」上尾校です。

  • ひと足早く!

    もうすぐクリスマスシーズン♪
    上尾校の生徒さんには、ひと足早いクリスマスプレゼントが届きました。
    英検一次試験を通過した全員の生徒さんが無事『二次試験合格!』
    結果を知った瞬間、お教室のみんなから歓声があがりました。

    頑張った生徒さんへは、何よりの「クリスマスプレゼント♪」
    ひとつ、ひとつの成功体験をステップに、これからも一緒に頑張りましょう!

  • 英検で「がっちり!」

    昨日(10/26)の「英検」一次試験合格発表!
    生徒さんも、お母様がたも、なにより指導の先生たちも、「ハラハラ、ドキドキ」の瞬間を迎えました。
    そして→→→
    前回の英検に引続き、上尾校のお友達5人は「全員合格」の嬉しい知らせ♪

    みんな、頑張りました。
    初めて「英検」を受験したお友達も、お教室に来て速報を一緒に確認。思わず「やった~」のガッツポーズ♪
    生徒さんの笑顔に、先生たちは「がっちり」のポーズ。
    歓喜に包まれた一瞬でした。
    「さぁ」次の目標に向かって、一緒に頑張りましょう!

  • 数学で「がっちり!」(中学3年 Mさん)

    入塾されたきっかけは「数学、特に図形問題や関数が苦手…」というご相談でした。自学習のノートを見せていただいたら、びっしり書かれた「努力」の履歴がしっかりとある生徒さんでした。それから一生懸命、授業に自習に通い続けていただいて、定期テストも模試も「がっちり!」と評価される成績を残されるまでに成長されています。
    これからも、一緒に頑張りましょう!

新着情報

  • 教室では夏期講習も終わり、秋に向けて生徒さんがスタートを切るこの季節。

    ふと空を見上げると、このところ白っぽい雲に覆われていた空が、あざやかな「濃い青色」のさわやかな素顔を見せてくれています。
    9月天高し。夏休み頑張った生徒さんの気持ちも「さぁ二学期だ!」と、この濃い青空のように、希望や明るさに満ちたものであれば、と願う次第です。

    上尾校では、自習時間を各生徒さんごとに「スケジュール化」しています。それぞれの生徒さんにとって「目指すゴール」は様々です。
    最短距離を走らなければならない時もあれば、時には敢えて遠回りすることも必要だと感じています。
    そういった雰囲気のなかで、それぞれの生徒さんの授業に、そして自学習に取り組む姿が上尾校にとって大きな「宝物」になっています。

    かさねて、「9月天高し」
    生徒さんが大きく成長できる季節となりますように!

  • 薫風 初夏の頃
    「風はらむ熊谷草は花の母衣(ほろ)」
    クマガイソウは上尾市のある埼玉県で花をつけるこの季節の草花です。その花が源平合戦のあの熊谷直実が背負ったほろの形に似ている、ということで命名させたそうです。
    折しも、大河ドラマではその合戦模様が放映されたばかりです。

    合戦と言えば、教室に通われている生徒さん達がまさに「中間テスト」という合戦に挑んでいる最中です。
    五月の青空は「若葉晴れ」というそうですが、教室の生徒さんが大空に鳥が弧を描くように、躍動できる姿を応援しています♪

  • 新年あけましておめでとうございます!
    上尾校より皆さまへ

    謹 んで新年の
     賀 詞を申し上げます。
      新 しき年が、より一層良き
       年 でありますようご祈念申し上げます。

    今年の初日の出は、朝もやの奥から太陽がみずみずしい朱色の顔をのぞかせました。東の空に舞う雲煙が淡い紅色染まり始め、いよいよ新年の幕があがるあさまをみながら、2022年という年を考えました。
    不確実や不確定なことが多い中で、あらゆる「モノ」や「コト」をあらためて問いなおし、「子供たちにとって未来をさぐる年となってほしい。」と思いました。
    そして、上尾校では仲間、自然、地域文化を大切に、そしてその環境をいかにつくるか、ということを考えることができる生徒さんを育てていきたいと思います。
    新しい出逢い、ご縁が今年もありますように!

    本年も何卒宜しくお願い申し上げます。




  • 上尾校の「朝練」

    それは、秋の日差しがやさしく窓から差し込んでくる朝「おはようございます!」という元気な生徒さんの声から始まります。そして夕方からの授業で再び顔を合わせて、一日の課題に取り組んでいきます。
    それぞれの「テーマ」をもってチャレンジする気持ちと、良い習慣は必ず生徒さんの成長を促してくれます。

    中学生は教育課程が今年度から新しくなり、そして高校生は共通テストとなり「問われる」内容も大きく変わりつつあります。教育という現場は日進月歩。
    それでも「大切なものは何か?」という問いは変わりません。生徒さんのひたむきな努力を日々応援する、その姿勢はずっとこれからも続けてまいります。

    また緊急事態宣言は解除されましたが、私たちECCベストワン上尾校の生徒さんを感染症から守る!という初心のマークは、この後もずっと解除せずに対応してまいります。

  • 残暑のお見舞い申し上げます。
    上尾校の夏合宿も今日でひと区切りを迎えました。
    明日からは、秋の学びの「収穫」へ向けての新たなスタートとなります。

    ワクチン接種が始まり、ようやく収束にむけての光が見えてきたところへ、再び拡大の傾向となり、行動も何かと不自由な日々を過ごしていらっしゃると思います。
    この感染症渦において生徒さんの学習もリアル(対面)とリモート(オンライン)の混合形式が定着しつつあるようですが、生徒さんの学習の本質は「不変」と考えております。

    生徒さんを守る対策は、出来るかぎりの施策をほどこしながら保護者さまのご理解とご協力にて対面での授業を継続させていただいています。
    そして何より、日々生徒さんの元気な姿に出会えることに勝る喜びはありません。
    日々生徒さんにエールを送り続けながら、生徒さんからも大きな元気をいただいています。

    明日から九月
    教室にて、皆さまをお待ちしています。

  • 梅雨が明けて「大暑」を迎える季節になりました。

    夏の暑さが本格的になる頃、上尾校でも生徒さん達にとっても、暑い夏を迎えています。「勝負の夏」そんな生徒さんを護る意味で上尾校では京都祇園祭で授与されている「粽(ちまき)」を玄関口に飾らせていただいています。粽には、八坂神社さんの故事に由来しており「蘇民将来子孫也」という護符がつけられています。これは「私は蘇民将来の子孫です。なので病気や災いから護って下さい」という意味が込められています。元々疫病を鎮める祭だった祇園祭のルーツが、粽 にはあるんですね。

    1年のうちで最も暑さの厳しい時期、「しっかり上尾校の生徒さんを護ってください!」という願いを込めて今年も飾らせていただいています。

  • 上尾校の「朝練」

    保護者さまのある「ひと言」が、きっかけとなりました。
    「金曜日に部活が終わって、急いでご飯食べて自習に行かせています。でも疲れていて…大丈夫かと心配で!?」
    では、土曜日「朝練」しましょう♪

    テスト前対策もあり、そんなことがきっかけで「朝練」が始まりました。
    今日も、朝から頑張って「おはようございます!」と元気に生徒さんが来られています。
    「お休みだと思うと、ついつい夜更かしをして…」そんなお悩みのお母さまもいらっしゃると思います。
    生徒さんにとって、より良い環境とは何か?
    そんなことも、ご一緒に考えさせていただきながら上尾校では日々生徒さんたちと過ごしています。

  • 先日、「母の日」をテーマにした作文を塾生に書いてもらいました。
    その中で小学生の男の子が書いた文章にふと目が留まりました。

    僕が「ソーシャルディスタンス!」というと、お母さんは僕にくっついてきます。そして今度は「みつ、みつ、みつ!」というと、お母さんはぎゅっうて手を握りしめててきます。
    そんなお母さんが、僕はとても好きです。

    お母さまと生徒さんとの何気ないやり取りが目に浮かび、思わず心があたたかく、そして笑みが浮かび、それでいて「じわっ」と涙するような作文でした。
    年齢や性別、そんなことはいっさい関係なく、どんな立場にあっても、世界中の全ての人が同じように「リスク」の中で生活をしています。
    予想しえない時間を過ごされている方も多いはず。
    会いたい人に会いに行けない、行きたい所へ行けない、遊びたい所へ行けない…、「思うようにならない」という経験は、子供たちの思考や行動に多大な影響を与えているように思えてなりません。
    目に見えない感覚や気持の変化、子供たちの柔らかな心ならば、なおさらのこと。

    家族と同じように、この上尾校の教室も、何があっても、いつも変わらずにそこにいて、生徒さんの感性を大切にしていきたいと思います。

  • コロナ禍で、すべてがとまってしまった感のある2020年、昨年の2月末を最後に様々な行事ごとがなくなってしまいました。
    個人的に楽しみにしていた東京国立博物館での「法隆寺展」が中止となり、わざわざ斑鳩の里からお見えになっていた百済観音像が一般公開されないまま会期を満了して、ひっそりと奈良にお帰りになってしまったことが残念でなりません。
    コロナ禍で2回目を迎える春。
    混迷を極めた年にあり、新生活様式が模索され始めた時節に、桜の開花を迎えました。
    ふさわしい春の過ごし方、在り方を考えて行動することが、今求められているのかも知れませんね。
    新学年を迎えたり、また中学年として、高校生として新しい生活がスタートする生徒さん。
    まさに「青空に帆を翻した真っ白な帆船」の船出にふさわしいものであったら、と思います。出来上がったばかりの船は、いま新しい時代へと真っ白い帆を広げ、大海原へ漕ぎ出したところ。これからの航海の行く末を見守り、私たちは常に航路を共にしていきます。
    航海へと乗り出す生徒さん、おひとり、おひとりの羅針盤やコンパスとなり、しっかりサポートする。それこそ私たちのミッションです。

  • 「立春」
    季節の変わり目を示す言葉です。この他にも冬から春にかけて橋渡しとなる言葉が私たち日本人にはあります。「春浅し」「春きざす」「春淡し」など、特に最後の「淡し」などは春ゆえ特有の表現かも知れません。

    実は先日、ご近所の方からお声がけをいただきました。「梅の花が、一輪、二輪咲き始めましたよ♪」と!
    早咲きの梅を求め山野を巡りゆくことを古(いにしえ)の人々は「探梅」と表現しました。
    寒さに耐え、わずかずつ花をつける梅の咲く姿はとても凛々しく感じるものであります。
    またその姿には、進学や新学年を迎える生徒さんの姿にも重なる思いでもあります。

    それぞれに春を待つ生徒さん、そしてそれを優しく見守る保護者さまに今日もエールを送り続けています。
    そして「探梅」のように、皆様とご縁があり巡り逢えますように!

  • 2021
    令和三年「丑歳」

    謹んで新年の
     賀詞を述べるとともに
      新しき年が、より一層良き
       年でありますように祈念申し上げます。

    丑(牛)は、古くから酪農や農業で人々の生活を助けてくれる存在として重宝されてきました。
    「天神様の撫で牛」で知られる【無病息災】や【病気平癒】の縁起を担いでいる干支でもあり、また角が上を向いていることから、上昇を願う干支しても崇められてきています。縁起よく一年のスタートとなりますように!

    令和三年、初春の日の出をテレビ中継で観ました。
    画面に映る高度4000メートル、西側の斜め上空から映し出された薄明の富士山は壮大で威厳がありました。雲の海、山肌に舞う雪、珠海、刻々と変わってゆく天空の色、大自然の営みの中に映る日の出には、神々しさがあります。

    新型のコロナウイルスによる日常への影響は多大であり、戦後長きにわたり支えてきた価値観、効率であり、便利さなどが大きく問い直されております。
    静けさ、やすらぎ、祭事、仲間、自然、地域や文化が、これからどのような形で結びつきを求められるのか、またどのような価値観を生み出していくのかが問われる時代になってきていることも感じます。そして、それにふさわしい環境を、みんなでいかに守れるのか、あるいは創り出せるのかもかさねて問われる年となりそうです。
    そんなことを考えながら新年より、生徒さん、保護者様皆さまとともに一歩、一歩前に進んでいきたく存じます。
    あらためて、新年宜しくお願い申し上げます。

  • まもなく「クリスマス♪」
    電球が輝くクリスマスツリーやイルミネーションで飾られた街を歩くと、どこからともなく「クリスマスソング」が聞こえてくるようです。
    保護者さまの年代によっては、定番の「あの曲」を聞かれて懐かしい「シンデレラ・エクスプレス」シリーズのCMを思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか?
    いまだに動画再生回数が多いのは、新幹線という移動ツールの利便性をアピールするのではなく、新幹線にまつわる人々の「ドラマ」を描いたらこそ、だと思います。
    その「短い」CM時間に込められたメッセージやドラマがあるように、ベストワンの授業は、その時間の中に、生徒さんと講師たちの大河のような大きなストーリーが毎回あります。

    もちろんドラマの主役は生徒さん!
    苦手な教科をどうしたら克服できるのか!と強いもどかしさに苦しんでいる生徒さんにとって、授業でのストーリーが「希望の光」となりますように!

    上尾校から~「Merry Christmas♪」

  • 柊の花がかすかな香りを放つ季節になりました。
    晩秋から初冬にかけての花の多くは、ひたすら控え目に、地味に、そしてけなげに咲きます。

    紅葉が空に舞う姿は、受験生や生徒さんを鼓舞するように見えます。
    「頑張れ~♪」とのやさしいエールが「かさっかさ」という葉の音に隠れて聞こえてくるようです。
    秋は落葉の季節でありますが、と同時に実は新芽の季節であることは意外と知られていないようです。
    この時期、木々がたくましく見えるのは、たくさんの新芽を守りつつ「さぁ、冬よ来い!」と堂々とした姿が伝わるからかも知れませんね。
    上尾校も生徒さんや保護者さまからそんな存在に映るよう、精進してまいりたいと思います。

    厳冬に立ち向かう木々のように、日々の学習に取り組む生徒さんへ今日も「エール」を送り続けてまいります。
    冬期講習に向けてのご相談も始まりました。
    しっかり「冬じたく」を整えて、ご一緒に次のステップへ向かっていきましょう♪

  • 秋、街路樹を眺めているとキャンバスに描くように鮮やかな色彩に眼を奪われることがあります。
    青々としていた桜の葉が赤く染まり、散り始めたな?と思うとハナミズキの葉がバトンを受け取ったかのように紅(くれない)に染まっていきます。
    そして銀色の日差しに黄色く染まった銀杏の葉が、黄金に輝く頃となりますね。

    2学期もちょうど折り返し。
    定期考査や北辰テストもひと段落。生徒さんも少し落ち着く頃かな?と思いきや、期末考査、校長会テストが早くも今月中盤からスタート!

    このページを読んでいただいている保護者様、そして生徒さんへ!
    定期テストに向けて、そして日々での学習への取り組み方などお手伝いできることが、たくさんあると思います。ひとりで歩もうとせず、私どもとご一緒に歩を進めてまいりましょう♪
    秋の紅葉がバトンをもって彩るさまをリレーで繋いでいくように、保護者さまから受け取ったバトンを講師、学校長が一体となって生徒さんの伴走者としてしっかり見守ってまいります。

    いつでも扉は皆さまの方へ!

  • 生徒さんのかばんの中から出てきたボロボロの単語帳!
    ワークの課題に精一杯だった生徒さんに、講師が「そっと」手渡した定期テスト応援ツールでした。
    「僕の財産です!」とこたえてくれた生徒さん。思わず涙がこぼれそうになりました。努力し、そして頑張った証(あかし)が、そこにありました。

    この時季、空気も乾いていて気持ちがよく過ごしやすい季節です。
    そして気がつくと、日暮れも早く、なんとなく物思いにふける時間が保護者さまにも、生徒さんにもある頃ではないでしょうか?
    ご家庭での学習、学校の授業での課題やワーク、そしてこれからの進路にあたってお悩みがあれば、いつでも「コンコン!」と上尾校の扉をたたいてください。

    温かいお茶を傍らに教室でお話しましょう。
    お勧めの勉強法や家庭での過ごし方などがご紹介出来ると思います。
    今日も、みなさまの方へ扉をあけてお待ちしています!

  • ふと、身の回りにある樹木を見つめると「ちいさな秋」がたくさん隠れているに気づかされます。私たちは『彩(いろどり)』としては最も美しいとされる秋を迎えています。
    これから里の山々では、「山粧(よそお)う」とされる季節でもあります。

    そんな中、生徒さんたちは定期テストを迎えています。
    ご家庭では、その結果に「一喜一憂」の頃でいらっしゃると思います。
    生徒さんは、山のようなワークやプリンントの課題を達成しながらの定期テスト。今まさに次の課題に向けて走り出さなければいけない大切な時期を迎えています。
    そう!そんな生徒さんにとって「定期テスト」という財産を大切にされていますか?
    残念ながら、多くの生徒さんが『本当の』ふりかえりができていない、と伺います。「ふりかえり」、この「ふりかえり」という中で『何を』するかでその後に大きな違いがあることをご存じでいらっしゃるでしょうか?

    「ふりかえり」をする生徒さんのほとんどは、「テストの結果」について「よかった、あるいはよくなかった」そして「今度はこうしよう」とふりかえって終わってしまっています。
    上尾校では、生徒さんにそれに加えて「勉強の進め方」はどうであったかをふりかえって『改善』をしていきます。

    「定期テスト」という貴重な生徒さんの財産を保護者さま、生徒さんとベストワン上尾校で共有して「成長する」生徒さんを一緒に応援していきましょう!

  • 天高く、「さっ」と筆で描いたような流れる雲もずいぶん秋めいてまいりました。
    生徒の皆さん、そして保護者の皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

    酷暑の夏を思い返すと、涼しくなった分気持ちも安らぎ、温かい飲み物がおいしく感じられるようになりますね。

    受験生の皆さんは、北辰テストと定期テストの二段構え!
    息つく間がない日々を過ごされていると思います。

    どんな対策をしたら良いのかな?
    どんな勉強方法で取り組んだら良いのかな?
    と、日々悩みは絶えない頃です。

    ついそんなことで友達と話し合う時間も少し長くなったりするかもしれませんね。そんな時、傍(かたわら)でコーチのように寄り添ってくれる先生がいたらな、と思われませんか?

    今回は、「テスト対策」のご案内がメインのテーマ!
    簡単に、シンプルに、かつ効率的に学べる方法を教室ではガイダンスしています。
    ベストワン上尾校のドアを、「コンコン!」とノックしてみてください。
    きっと今までとは違う世界が目の前に広がるはずです♪

    秋、生徒さんにとって飛躍の時です。
    ご一緒に学び、悩み、考える機会をと考え、今日も校舎の扉を開いて皆さまをお待ちしています!

  • 8月もお盆が過ぎ、いつもの夏休みの風景とは少し違う年になりました。
    雨の多かった今年の梅雨。
    しかし明けた途端に、厳しい暑さの毎日です。アスファルトの照り返しも強く、体感温度は実際以上に感じますね。さらにこの暑さで食欲不振になりがちです。皆さま夏バテにならないように、お食事から栄養と水分をしっかりとってくださいますよう。

    上尾校では、今週少し机のレイアウトを変えて生徒さんと保護者さまをお迎えしています。
    また、念のためにお教室の対策も『換気』は、今まで以上に行っています。
    外から一瞬「もあっ~」とした熱気が入りますが、お教室が2階にあるからでしょうか、しばらくすると、やさしい風にかわります。大切なのは、環境を整え生徒さんを守ること!
    改めて、校舎での環境衛生を整え皆さまをお迎え致します。
    もうすぐ9月、新しい月。良きスタートとなりますように、そして水分補給を上手になさって、熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいませ!

  • 深い緑の葉が、雨に濡れる姿はどこか静かで、陽に照らされるのを今か、今かと待ちわびているように思います。
    梅雨明けまで、もう一息か、いやふた息といったところでしょうか?

    例年であれば終業式を迎えて、夏休みへ子どもたちが飛び出す季節。きっと梅雨明けが延びたこの時期の静かさは、季節が子供たちと歩調を合わせてくれているのかも知れません。

    夏休みというと、残りが少なくなって「あれもやっていない…、これも出来ていない…」と1週間足らずのタイミングで暑さと格闘しながら課題を仕上げた記憶があります。
    この短い夏休みを計画的に、そして有効的に、有意義にすごすためにも、1学期を振り返る時であったり、2学期を見据えた予習であったり、受験に向けての苦手科目の強化の時間としたいものですね。

    今年は量より質の夏休み!
    上尾校では生徒さんや、保護者さんにとって、より特別な夏となるように応援させていただきます。

  • 「梅雨寒」という言葉がありますが、
    まさにその通り。ここ数日、ひんやりと涼しい毎日です。
    新型コロナウィルスの感染拡大は、先が読めない時代であることに拍車をかけています。
    教育改革の文脈だけでは考えられなかったレベルの変化!
    楽しみにしていた運動会や文化祭、そして修学旅行もままならず、またそうした行事を通じて行われるべき子供たちの成長が鈍化されることが懸念されます。
    さらには、教育を急ぐあまりに大切なコミュニケーションも希薄になりがちです。

    私たちECCベストワン上尾校では、こうした環境下にある生徒さん達の成長を後押ししたいと考えています。
    日々、向き合っているお子さんの表情のなかで、保護者様にもしご不安ごとがあれば、私どものお教室へお出かけください。不安はおひとりで考えずご一緒に考えてまいりましょう!

    上尾校では、夏期講習がひと足早くスタート致しました。
    中高生の受験対策、そして夏休み課題対策も含めたパーソナルプログラムもご用意があります。
    扉は、常に皆様の方へ!
    夏期講習のご参加をお待ちしております。

  • 七月になると、緑の陰が恋しくなる季節です。
    雲が走り、コブシやミズキのこずえが、さざめきながら風に揺れています。
    「風光る」春から、「風薫る」青葉の初夏。学校が再開して1カ月が経ち、「風涼し」の夏へ季節は向かっています。

    学習の進捗状況は、いかがでいらっしゃいますか。
    部活との両立、受験へ準備、風の便りで聴こえてくるのは不安な事ばかりです。

    上尾校では七夕の7月、夏期講習の募集をスタート致しました。
    7月は文月。その由来は詩歌を献じ合うことが、文をやりとりする習慣となったから、という説があるようです。

    短冊に思いや願いを込めて「心の中に涼しい風がお届けできるように」と。
    中高生の期末試験対策も含め、夏期講習のご参加をお待ちしております。

  • 北辰テスト@HOME 6月を上尾校で実施致します(6月21日)

    2020年度第1回北辰テスト6月は,会場での実施が難しいとの判断で「@HOME」での受験形式となりました。

    当校では、北辰テストを6/21(日)に実施いたします。
    自宅では、緊張感を持続させることや、時間管理等も難しいと考えられます。
    さらに、環境を整えることも考慮したうえで実施いたします。
    そのため席数は限定にて行います。
    詳細は、お電話にてお問い合わせください。

    【実施日時】6月21日(日)8時20分~13時30分 予定
    【申し込み締切日】6月18日(木)22時 

  • 4月から続く「ステイホーム」の生活。
    学校の授業や部活動のない生活、いつもとは異なる暮らしは、生徒さん、そして保護者様にとっても戸惑いの日々の連続では…と思います。
    緊急事態宣言解除を控えて、ようやくここまで辿りついたというのが皆様の実感ではないでしょうか。

    5月の後半とは思えないような肌寒さの日もありましたが、すぐにまた夏を思わせるような気温にもなります。
    6月開校が見えてきた中で、長い春休みに自学習や課題に一生懸命取り組んだ生徒さんに、そしてステイホーム中にフォローをしていたお母様、お父様に息抜きのご褒美があっても良いのかな?と考えるこの頃です。

    気持ちもス―ッと落ち着かせる時間も、こんな時だからこそ必要ではないでしょうか。

    ただ、学校の再開にむけて「不安」も募る日々をお過ごしのご家庭もあるかと思います。
    こんな時だからこそ…
    言葉のキャッチボールが必要では。
    上尾校の扉は、いつでも皆様の方へ開いております。

    目標に向かって「したいことは、あきらめずに!」
    課題や宿題など「すべきことはあせらずに!」
    そしてスタートラインが定まらない今は「できることはくらべずに!」
    生徒さんを応援したいと思います。



  • あちこち桜も開花し、場所によってはすっかり桜の花がほころんで満開を迎え、まさに「春爛漫」。
    でも、今年は「どこか…」が違う春でもあります。

    卒業を迎える生徒さんも在校生の出席が叶わず、どことなく少し寂げな表情。肩を抜ける風にのせて、卒業式を迎えた生徒さんへ「頑張れ!」とエールを送らせていただいています。

    「ここのところ、思いがけず普段の生活と様子が変わってしまった。」と感じる方が多いかと存じます。
    皆さま、ご自宅にていかがお過ごしでいらっしゃいますか。

    上尾校では、この春休み在校生の皆さん、また4月からご入塾の生徒さんへ午前10時から夜10時まで、自習室を開放させていただいております。
    塾生の仲間や、講師の先生方と言葉を交わすなかで、堅かった表情が少しづつですが、フワリとやわらかに、でも自習中は緊張感をしっかりと持って、とても活き活きとした雰囲気を生徒さんが産み出してくれています。

    こんな時だからこそ「大切な時間」
    上尾校で、お待ちしています!

  • 感染拡大を防ぐために、思いがけなく子どもたちは休校に。
    また卒業式も取りやめになったり…楽しみにしていたイベントも中止や延期になっています。

    こんなときこそ、新学年に向けてお子様の未来について、時間をかけてお話しする機会にしてはいかがでしょうか。これから、を語ることで、きっと微笑みがかえってくるはずです。

    それでなくとも生活の上で変化の多い3月です。
    新たな生活をスタートするにあたって「応援しています!」の気持ちを込めて、何より大切なお子様のこと、そして保護者さまのことを伺わせていただいて、ECCベストワン上尾校のこともご紹介させてください。
    月曜日から土曜日まで、午前10時より開校しております。
    お教室でお待ちしております。

  • 上尾校では、ひと足早く「春期講習」がスタートしています!

    生徒さん達の学習、何より成長の機会として上尾校では春期講習の期間を前倒しました。
    また公立小・中・高の休校に対応して、生徒さんの学力向上と予習、復習の機会となるよう開校時間も早くさせていただきました。
    月曜日から土曜日まで、午前10時より開校しております。

    学習環境が確保できないな、と不安に感じられるご家庭もおありになるか、と思います。ベストワン上尾校では、そうした悩みやご相談にもご対応させていただきます!

    お子さんが外に出られずに、室内でパソコンやスマホ、TVなど見る機会が増えて…というご相談もいただきました。
    環境面においても、上尾校をこの機会にご活用ください。

  • 3月、上尾校は通常どおり開校致します。

    上尾地域の公立小・中学校が休校となりましたが、上尾校は、春期講習も含め通常通り開校と致します。

    もうすぐ3月、からだに感じる風はまだ冷たいこともありますが、その一方では陽射しがやわらかく感じるようになりました。
    季節は春に向かいながらも、慌ただしい時節柄であります。コロナウイルスや花粉症対策でマスクが不可欠ながら店頭では永らく欠品状態が続いています。早く入荷して、ウイルス問題も一日も早く終息に向かって不安のない生活に戻って欲しいものです。

    上尾校では、集団授業を実施しておらず個別の授業です。また手指消毒剤を配備し、ウィルス対策に効果があるといわれる加湿器も稼働して万全を期し、何よりも生徒さんを守るために環境整備を徹底しています。

    安心してご来校くださいませ!

  • ECCベストワン上尾校では、新型コロナウイルス感染拡大に備えた対策をしております。

    感染によるリスクから、「生徒さん、保護者さまおひとり、おひとりをお守りする!」という考え方に基づいて、手洗い、環境整備と消毒、換気などを確実に実行しております。
    教室には、「感染予防ハンドブック」もご用意させていただきました。
    ご希望の方には、差し上げておりますのでお申し出ください。

    また市販のマスクが不足状況のなか、お教室には十分にご用意があります。除菌のウエットティシュも併せてご利用ください。

  • 上尾校のまわりで、白梅、紅梅が咲いている様子がうかがえます。
    そう言えば「探梅」あるいは「梅探る」という季語があります。さぐり足でやってくる春の先ぶれを、さぐりあてようとするさま、そう!出あいを求めるところが、「梅探る」という季語には込められているようです。
    ECCベストワン上尾校は、そんな梅の季節に開校した新しい、ピカピカのお教室です。

    先生による「体験特別講座」の受講も、ご予約にて受け付けております。
    ※ベストワンのHP、メール、そしてお電話(048-729-8242)からもお申込みいただけます。
    学校長がおススメするのは、「苦手を逆転!」 そして「わかる!を体験から体感へ」

    「ベストワン上尾校」へ来てみてください。
    一緒に勉強しましょう!
    学校長がコーチである、とご紹介している上尾校の先生たちが、みんなを「正しい努力の積み重ね」へといざなってくれますよ。

    次年度からの小学校5、6年生「英語が教科化」について上尾校にて意見交換会を行いました。
    皆さま、「英語教科化」の対策はできていますか?
    保護者の方々に意識調査をした数字では9割が英語教育の対策が必要と感じられている、とのデータもあるようです。上尾校では、対策テキストを準備しております。
    そしてECCだからこそできること!ECCジュニアのお教室とも連携をとっております。
    センスメイキング理論というのを皆さまご存じでいらっしゃいますか。不安であっても、信頼できる「地図とコンパス」があれば大丈夫!

    続きは,上尾校にて!

  • 2月15日(土)に開校説明会を行います。
    午後2時、午後5時の2回です。
    先生による「体験特別講座」もあります。
    詳しくは、メールまたはお電話にてお問い合わせください。

    みんなの目標は前進していますか。
    2月は期末テストがあります。
    苦手な単元を克服できるように頑張っていますか?
    定期テスト対策を通じて、苦手が得意になるチャンスかもしれません。少しずつでも、半歩が一歩となり、小さな一歩が大きな一歩に必ずなります。

    一度、「ベストワン上尾校」へ来てみてください。
    講師の先生方が、さまざまな場面を想定して、得意科目はより確実に定着するように、苦手は逆転できるようなプログラムを用意してみんなを待っています。
    まずは、来て、講師、先生方と話をして、体験して、体感してみませんか!
    「問題を解ける」だけではなく、「問題の問われている深い部分」に先生たちがアプローチしてくれます。
    そう、上尾校の先生たちはみんなの「コーチ」です!

    上尾校では学年末テストにむけての「補講や対策授業」を行います。
    どのように勉強したらいいんだろう・・・。
    と思っているみんな、まずは学習カウンセリングから受けてみよう。

    次年度より小学校5、6年生は「英語が教科化」します。
    対策はできていますか?
    上尾校では、対策テキストを準備しております。
    小学生にとっては、初めての英語「教科化」学習です。
    不安であっても、コンパスとなる指針があれば大丈夫!

    続きは2月15日、上尾校にて!

  • ★★★2月10日、開校致しました。

    おかげさまで開校日を迎えました。ありがとうございます。
    たくさんの生徒さんが「楽しく学ぶ」ために通塾できるお教室を目指します。
    大学、高校、中学受験、そして英検合格に向けてたくさんの成果が出ますように、これから生徒さんひとり一人の目標に向けて、講師・学校長が一丸となって学習を進めて参ります。

    また、生徒さん専用の駐輪場を完備いたしました。
    詳しくは、電話やご来校の際にお問い合わせください。

  • SUNTORY天然水対応のウォーターサーバーを設置しました。

  • 講師紹介を掲載致しました。
    理数系のスペシャリストな先生、各科目オールラウンドに対応できる先生、中学生受験の指導経験が豊富な先生が皆さんをお教室でお待ちしています。

  • 新開校にともない、オープンスクールと開校説明会&カウンセリングを保護者様とお子様を対象に企画開催致します。
    スケジュールは以下の通りです。

    ●オープンスクール● ※ご予約不要!お子様とご一緒にお気軽にお越しください。
    2月18日(火)~22日(土)
    3月3日(火)~7日(土)
    各日とも14:00~20:00

    ●開校説明会&カウンセリング● ※お電話・HP・メールにてご予約をお願い致します。
    2月12日(水)・14日(金)・18日(火)・20日(木)・25日(火)・26日(水)・28日(金)
    3月4日(水)・10日(火)・12日(木)・13日(金)・14日(土)・17日(火)・19日(木)
    各日
    ①16:00~17:00
    ②17:30~18:30
    ③19:00~20:00

    ご来場特典と致しまして、オープンスクールまたは開校説明会&学習カウンセリングにお越しの方にはもれなく、QUOカード500円分+ベストワンオリジナルグッズをプレゼントさせていただきます。

  • 開校説明会&英検®セミナーを以下の通り開催致します!

    日時:2月15日(土)①14:00~15:30 ②17:00~18:30
    場所:ECCベストワン 上尾校

    ECCベストワンの個別指導についての説明会と、英語教育改革で
    需要が高まる英検®について、分かりやすくご説明致します。
    英語はもちろん、その他の教科でご心配な点やお悩みの点を
    お気軽にご相談ください!

    お申し込みはHP・お電話(048-729-8242)
    ・メール(ecc.bestone.ageo@gmail.com)
    にてお願い致します。
    お席に限りがありますので、お早めにご連絡ください!

上尾校 の指導方針

教室風景

2020年2月10日(月) 上尾駅西口に 「ECCの個別指導塾ベストワン上尾校」が開校しました。

【講師紹介】最新の情報を掲載しました。「講師紹介」をご覧ください。(R2.10.15更新)

★全照明LED、そしてトイレはウォシュレット付きの教室です。
★★生徒さん専用の駐輪場を完備しております。
★★★サントリー天然水対応のウオーターサーバー完備しています。
★★★★衛生面を考慮して室内は足にやさしい絨毯、スリッパを利用としています。
★★★★★長時間の自習に備えて室内飲食可のスペースを確保しています。
★★★★★★生徒さんの安全・衛生面を考慮し、アルコールハンドスプレーとマスクのご用意があります。
-------------------------------------------------

ベストワン上尾校は先生が1人または2人までの生徒さんを完全担任制として、しっかりと成績を伸ばし、志望校合格や生徒さんの夢、目標を叶えるお手伝いをいたします。

【自慢の講師陣】
4月より小学入学を控えた生徒さんから大学受験まで、予習を基本とした学校授業対策や基礎学力の向上とその確認、発展、そして受験対策では中学・中高一貫校、公立、私立高校受験の全教科、そして大学受験まで対応できる優秀で充実した講師陣により、生徒一人ひとりの目標に合わせ成績を伸ばす最適な学習をすることが出来ます。

【受験学習について】
「始める」と決めたときが一番です。
受験学習を開始することに「早い」「遅い」はありません。

集団塾では、生徒全員が同じ講義を受講しますので同じ時期に受験学習を開始する事になります。開始時期が遅れると遅れを取り戻すことが難しいばかりでなく、遅れを取り戻しながら新しい授業についていかなければなりませんので生徒さんの負担も大変です。また、授業でわからない箇所をその場で先生に聞くこともむずかしく、ついていけなくなったり、理解の確認ができずに合わなくなったりする生徒さんもいます。
個別指導塾でも、受験対応の期間や内容を決めている塾があります。

 【方針】
ベストワン上尾校では、個別指導塾の良さを最大限に活かした通常学習と受験学習を行っております。
生徒さんとご家族の目標や生徒さんの個性に合わせて教材を選ぶことからスタートします。その教材の中で講師と一緒となり、得意な単元はより完成度を上げて、一方では弱い単元を見つけて確認、集中的に学習することにより全般的に点数アップにつなげていける授業に取り組みます。
受験対策としては、小学低学年からの中学受験を意識した学習や、6年生の途中からでの中学受験対策を実施できます。
高校受験では、北辰テストや全国規模の模試を受けながら現在の実力を知り、対策を立てながら、目標の学校を目指します。
大学受験では、英語・数学・国語(古典)・物理・化学・世界史・日本史・倫理・政経等あらゆる教科で2020年度から実施される共通テストへの新入試対応、そして個別試験対策の個別指導をすることが出来ます。

 【対応】
ベストワン上尾校では、短い期間でも成績を上げるための方策を優秀な講師と一緒に考え日々実行していくことを目指しています。
年度ごとに改訂、改編される指導要領、そして共通テストに代表される入試改革への対応にも、いちはやく対応しています。
そして中学・高校・大学入試に向けて対応できる教材と優秀な講師と学習方針があります。

どのようなことでもご相談ください。無料体験授業や校舎見学等のお申込みは随時受付をしております。
オープンスクールや、開校説明会、そしてカウンセリングも行っています。新着情報でスケジュールをご確認下さい。

★★★定期テスト対策、英検®対策、単元別苦手対策、教科、単元集中講座で成績アップを目指しましょう!

≪ご入塾までの流れ≫
■お問い合わせ
・ベストワンホームページから資料請求
・電話でのお問合わせ
・直接、教室へのご来校  など
  ↓
■校舎にてカウンセリング
・勉強に関するお悩み・目標などをお伺いいたします。
※保護者様とお子様とでご来校ください。
  ↓
■無料体験授業
・お子様は授業をご体験頂きます。  
・保護者様には、学習システムなどベストワンについてご案内させて頂きます。
  ↓
■カリキュラム・教材のご提案
・現在の学力・目標にあったご提案をさせて頂きます。
  ↓
■入塾のお申し込み

体験授業やご提案したカリキュラムにご納得頂いた上でご入塾となります。

*** お問い合わせ ***
こちらのHP、メ-ルecc.bestone.ageo@gmail.com、電話048-729-8242へお問い合わせをお願いいたします。

資料等をご希望の方は、ホ-ムペ-ジよりお申し付けください。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせをお待ちしております。

上尾市、桶川市、伊奈町、今泉、小泉、小泉大字、柏座、、浅間台、愛宕、泉台、井戸木、春日、上町、川、小敷谷、仲町、中妻、中分、西宮下、平方、富士見、日の出、弁材、本町、宮本町、谷津、二ツ宮、若宮、朝日、神明

上尾駅、北上尾駅、桶川駅、宮原駅

学習、読解力、計算力、図形、漢字、英語教科化対応

新型コロナウィルス対策 感染予防の徹底

春休み対策 入学準備 新学年準備 苦手科目強化
秋学力強化 育伸社テスト 模試対策 学力診断 模試
受験対策

●安心でんしょばと(入退出確認メール)
●自転車置場
●軽食可【専用スペース】
●北辰テスト
●定期テスト対策
●しゅと模試

上尾校 へのアクセス

教室写真

●住所

〒362-0075上尾市柏座2-6-26
下里第二ビル 2F西

●最寄駅

上尾駅西口より徒歩約5分

googlemapで地図を見る

QRコード

教室チラシを見る

学校長からのメッセージ

栗田理恵 

はじめまして。
ECCベストワン上尾校オーナーの栗田理恵です。

大切なお子様、今何をがんばっていらっしゃいますか?何がお好きですか?
保護者様は、そのサポートに全力を注いでいらっしゃると思います。
私ども3人の子供を育てて参りました。現在、長男と長女は成人し家庭をもっております。
次男は公務員となり間もなく4年目を迎えます。
それぞれ、剣道、クラッシックバレエ、水泳をずっとやりながら学生時代を過ごしました。
両立は大変でしたが、やり続けた事で得られた物はかけがいのない「宝物」となっています。
勉強は、最初は集団塾へ通う事から始めましたが、個々のスケジュール状況に合わせた指導をしていただけるという点で個別塾を選択しました。
結果、部活や課外活動との両立がはかれ、県大会、関東大会、全国規模のコンクールの経験も出来た事など本人たちにとっては強い自信となって心の中にある、と思います。

長男は今、2人の男の子の子育て真っ最中!
長女は、バレエの講師となり10年目を迎えています。
バレエの生徒さん、小さなお子さんからの成長を間のあたりにして、その可能性に驚き、感動する日々を送っています。そして自身も間もなくママになります。
次男は、公立の中学から、県立高校、そして国立大学への進路を経て公務員試験に合格して地域の方達のために頑張っているところです。

私自身は、中高大の私立一貫校で学生時代を過ごしました。
3人の子育ても併せて、私立、公立の両方の良さを知ることが出来ました。
経験から、これは良かった!一方で、これは遠回りだったかな?と思う事がたくさんあります。

皆様のお子様の夢やチャレンジしていること、もし宜しければお聞かせくださいませ。

講師紹介

  • 今野先生指導教科:高校生 数学ⅠA・数学ⅡB・数学ⅢC・英語・物理・科学・地理  中学生 数学・英語・理科・社会  小学生 算数(中学受験)・英語・理科・社会  

    【学校長より】
    今野先生は、理数系のスペシャリスト!
    そして、英語はTOEIC高得点を出した実力の持ち主です。
    高校生の受験科目である物理や化学、そして基礎の分野はもちろんのこと、中学生、小学生(中学受験生)と幅広い学年の生徒さんへの指導実績があります。
    生徒さんに向き合う時間を過ごしながら、時にはロジカルに、時には熱く語り生徒さんの成長へやさしく背を押してくれる先生です。

    【先生よりメッセージ】
    学校の授業で分からないことがことがあったとき、すぐに先生に聞くのはなかなか難しいと思います。(私自身も恥ずかしくて聞けませんでした・・・)
    しかし個別塾では分からなかったらすぐに質問できます。まず質問する力を鍛えるように生徒さんにアプローチします。
    分からない問題は、何度も繰り返すことが大切です。僕の授業では生徒さんが納得するまで、質問を交えながら教えて、完全に理解する、腑に落ちるように導いていきます。理解できれば問題に対する視野が広がり、類題が解けた時に、今までの不安な気持ちから一転して、「自分はできる!」という自信につながり勉強が楽しくなると思います。
    勉強を楽しみながら一緒に頑張りましょう!

  • 和智先生指導教科:小学生 中学受験対策算数 中学生 数学  高校生 数ⅠA 数ⅡB  数Ⅲ

    【学校長より】
    数学のスペシャリストです。
    中学受験の算数対応から中学3年間の数学、高校での数学Ⅰ・A 数学Ⅱ・B、さらに大学受験対策。そして何より心強いのは、試験直前対策(定期テスト・模試・統一試験等々)の仕上げ方、まさに和智神話!
    持ち前の明るいキャラクターで生徒さんを引っ張ってくれています。「ここが大事!」というひと言ではじまる『和智ポイント』は何よりも試験を目の前にした生徒さんにとって最大の武器となっているようです。
    常に「一歩前へ!」という和智先生の指導姿勢には、生徒さんにとって頼れるお兄さん的存在の先生になってくれると思います。

    【先生よりメッセージ】
    算数や数学が好きな生徒さんには、より理解度を高められるように。そして知らず知らずのうちに難易度の高い問題にチャレンジできて解ける喜びを僕と共有しましょう!
    一方で苦手意識がある生徒さんには、まず算数や数学が楽しい学科であり、理解を進めていけるように、なにより楽しく、明るくをモットーに生徒さんへ伝えることができれば、と思っています。
    算数の学びの積み重ねの上に数学があります。毎日コツコツと問題を解いていく習慣をつけることも僕の役割だと思い、生徒さんへの指導に日々励んでいます。
    学校のこと、授業のこと、それ以外のこともどんどん質問しにきてください!

  • 兼子先生指導教科:英検指導 中学 数学・理科・英語 高校 数学I・A 数学Ⅱ・B 物理 化学 

    【学校長より】
    ここ上尾の地で育ち、地元の国立大学に通い、地元愛の強い持ち主です。高校時代には、英語部に所属して、日々の学びがいかに大切であるか、を体感されています。また、そのことを生徒さんにもしっかり伝えて、習慣づけてくれる心強い先生です。
    理数系のみならず、英語のリーディングが苦手という生徒さんは、是非に兼子先生のメソッドに触れてみてください。
    何より、学ぶことは「楽しいこと」
    このことを、生徒さんに伝えてくれる先生です。

    【先生よりメッセージ】
    理科は、一見して規則性のない暗記科目ばかりに見えますが、全てに理由があります。その理由を考えて、覚えると自分のものにできます。
    その過程を通じて、理科という科目、そして化学や物理が急に楽しく学べるようになります。

    勉強は、演習あるのみ。学んだことが理解できているか、またできなかった問題はどこに原因があるのか、しっかり私がサポートします。
    その日の課題は、その日に解決して理解への扉をひとつづつ増やしていきましょう!
    できなかったことは、できるへの第一歩です。でもその一歩を踏み出す勇気て大変ですよね。そんな時こそ私に任せてください。
    そして困っていること、普段では聞けないこと、悩んでいることを聞かせてください。一緒に解決して、そして「できる・わかる」、さらに「楽しい」を実感しましょう!
    その手助けをするのが、私の「ミッション」です。

  • 栗田先生指導教科:小学生 中学受験対応 算数・英語・理科・社会・国語  中学生 数学・英語・国語・理科・社会(地理・歴史・公民)  高校生 日本史・世界史 英語・現代文・古文

    読む・考える・理解をする!
    思考力を身につけるアウトプット型授業プロジェクトを実施しています。
    世界は今コロナ渦のもと、正解のない問いに満ち溢れてています。

    こんな時代に求められるのは、何であるか?
    「答えを見つける力」だけではではなく、自ら「問いを立てる力」です。
    「知識を吸収する力」だけではなく、「自分で考える力」です。
    「自分の意見や考えを押し通す力」ではなく、「他者の意見を引き出す力」です。
    私の授業では、これら3つの力すべてを身につけることを目指しています。

    その中でも国語・現代文の授業の中で、名著を読むことを課題としています。ではなぜ名著が課題の軸となるのか。
    名著は、答えのない問いに挑むための思考の「土台」を与えてくれます。土台がない考えは、応用も利きません。また、この「土台」は、各教科に通じるものでもあります。
    だからこそ、まず土台となる名著をしっかりと読み込む。
    それのみならず、自ら問いを立て、自分なりの考えを整理する。
    そして、その問いを起点に、講師と言葉を交わし合う。
    お互いの思考を交わすことで、素晴らしい問いが生徒さんに芽生えています。
    名著は、時代を越えて生徒さんにとって素晴らしいテキストとなります。

    「考える力とは何か」
    「いい問いとは何か」
    「よい意見を引き出す力とは何か」
    私の授業では、これらの要素をプログラムとして生徒さんへ提供しています。

  • 大川先生指導教科:小学生 算数・英語(英検対策)・国語・理科・社会  中学生 数学・英語(英検対策)・国語・理科・社会  高校生 現代文・古文・漢文・数学ⅠA・数学ⅡB・英語・英作文・物理・生物・地学・日本史・地理・政経

    【学校長より】
    サッカーをずっと続けてプレーしている、
    体育会系「男子」
    大川先生の外見的なイメージです。
    そんな外見とは裏腹に、とても細やかなところまで「目のいき届く」先生です。サッカーという競技で長年キャプテンとして関わってきたからだと思いますが、しっかり準備から取組む姿勢は塾長としても安心して生徒さんを任せられる先生です。
    また、戦術、戦略、実行、分析といったことをサッカーの中でいつも行ってきていたからか、データを基に冷静に、でも決して数字からではなく、生徒さんのことを考え、熱意をもって分析を行ってくれます。
    定期テストや模試の傾向、対策、対応と山積みの課題を次から次へと中長期の視点で授業を研究し、講師陣との意見交換も闊達に行う行動派です。
    是非、「大川ノート」のぞいてみてください。
    きっと、生徒さんの成長へ「大きなヒント」がそこにあると思います。

    【先生よりメッセージ】
    私はサッカーを12年間続けてきました。そしてその魅力から、まだプレーを続けています。そして最近気づいたことは、常に成長し続けることが「いかに大切か!」です。
    生徒さんとの出会いは「一期一会」
    大きなパスを保護者さまからお預かりすることになります。
    しっかり「ゴール」を決める!それは生徒さん自身の大きなミッション。そのミッションを成功に導くためにしっかりサポートしていくのが私たち講師の役目だと思います。
    特に数学は一緒に解いてみて、生徒さんの解き方、私の解き方やアプローチの仕方が違う時は、思わず嬉しくなります。
    そこには、大きな発見や財産があります。
    ついゴールの方向を指さし、生徒さんへ大きく鼓舞する指導となりがちですが、曲がったり、進んだり、立ち止まったりしながらも生徒さんの背中をおいながらサポートしてまいります。

生徒・保護者の声

  • Tさん 保護者さま

    上尾校、一周年おめでとうございます。
    開校してすぐに入塾してこの一年、お陰さまで心身ともに大きく成長し、学ぶことの多い一年となりました。

    コロナ禍の中、自習までもさせていただいたおかげで勉強の楽しさも学べています。そして、ベストワンで教えていただいたことが学校生活の中や家庭生活でも生きています。

    ベストワンが大好きなので、今後ともよろしくお願いいたします!

  • Hさん 保護者さま 公立小学校5年生

    体験授業を参観し、塾内外の環境面への取組や配慮も確認した上で入塾を決めました。
    講師の先生が熱意を持って授業に取り組み、情熱が空回りせず、生徒の心を掴みながら授業を進めてくれるところが良かったです。
    入塾して「カリキュラム」が進む様子を指導報告書や月々の面談からの報告で確認できます。背伸びしすぎない程度に、個々の目標に合わせて組まれているので良かったです。
    また、塾の周りの環境として、駐輪場も屋外ではなく、独自に整備されていて、オーナーや塾長が必ず声をかけて付き添ってくれるのは安心して子供を預けられます。
    生徒にホワイトボードマーカーを渡すときも、アルコール消毒を行ってから渡すなど、隅々までの心配りが素晴らしく、アルコール消毒も各机上に準備されているので、子どもを預けても安心できるように感じました。

  • N君 公立高校3年生

    指定校推薦で、戸惑ったのは「アドミッションポリシー」。
    志望動機や課題にどう向き合ったらよいか?そんな時に栗田塾長から、高校入試とは違い指定校推薦で重視されるのは「君は何ができるか」「君は何をしたいか」が強くもとめられるんだよ!とアドバイスをもらいました。
    「スペシャリストとして、君が何を目指したいのか?」
    原稿が「真っ赤」になる位、何度も、何度も添削指導をしていただきました。
    まさに『アドミッションオフィサー』として、しっかり支えていただきました。

  • S君 公立高校3年

     私は大学指定校推薦のための内申点をとることと一般受験のための学力向上を目指していました。ところが、高校3年生の春から長期の学校休校期間となり、凄く不安に思っていたなか中にECCに入塾しました。
     通っていて、私がECCの1番いいところだと思ったのは、先生との距離が近く、とても親身になって指導していただけるところです。
    そして、指定校推薦に向けての作文指導も丁寧に、何度も何度も添削をしていただけました。
     先生との距離の近さは、自分の苦手な教科や分野を学びたいと提案しやすく、しっかりしたリードで効率的な勉強に繋がったと思います。私の場合は、数学と物理の学習が足りていなかったため、先生にお願いし、授業の最初に不安な単元の問題を出してもらって、しっかりと解き方のガイドラインも教えていただけました。
     また、勝負の定期テスト直前に自信をつけてくださったり、結果が出るまでの不安な期間に励ましてくださったりとメンタル面でも何回も助けられました。
     大学の指定校推薦は、二年生までの内申成績では、とても高すぎる目標でしたが、無理だと言わず応援してくださった塾長、少しでも成績が上がるように指導してくださったK先生、W先生への感謝の気持ちでいっぱいです。まだ卒業まで約半年間、引き続きのご指導をお願いします。

  • Mさん お母さま 中学校3年

    今回の定期試験、苦手であった科目が平均点を大幅に超え、合計点も今までで一番良かったようで、喜んでおります。ありがとうございました。

    直前対策でおせわになった北辰テストも、今までの中で偏差値が最高点で、特に数学と英語は成績の上がりようにびっくりしました。
    大健闘できました。

コース紹介

  • 学校の成績アップと苦手教科の克服を目指す 小学校の個別指導
  • 予習型授業での内申対策と公立高校入試直前対策で志望校合格を目指す 中学生の個別指導
  • 志望大学合格から考えた「逆算型」のカリキュラムで志望校合格を目指す 高校生の個別指導
  • 外部授業に向けた対策も速い授業ペースへの対応も個々に最適な指導を実施 中高一貫校生の個別指導

特別コース

  • 5級・4級・3級 英検対策コース
  • タブレット算数コース
  • タブレット国語コース
  • 映像授業コース
  • ロボットプログラミングコース
  • すらすらマイプリントコース

スペシャルコンテンツ

  • 授業に関して
    定期テスト対策授業 ECCの受験英語攻略法
  • 大学受験対策に関して
    AO・推薦入試対策 AO入試対策 大学入試改革
  • 合格体験記/成功への秘訣
    みんなの合格体験記 成功への秘訣

資料請求はこちら

pagetop